【三十代女子の恋愛奮闘記】受け身体質を変えるには!?

ロケットニュース24 / 2012年11月1日 0時0分

「肉食系女子」という言葉がすっかり市民権を得た昨今ではありますが、それはごく一部の女性で、現実には受け身体質の女性のほうが圧倒的多数でしょう。メールや電話も男性側から来ることを望み、デートやチョメチョメも男性から誘われたいのが乙女心といったところでしょうか。それらが是か非かというジャッジは非常に難しいです。というのも、女性は生物としての構造的に受け身であるため、チョメチョメの際のみならず、日常生活や考え方が受け身になりがちなのも、やむを得ないからです。

とはいえ、待っているだけでメールや電話がじゃんじゃん鳴り、デートやチョメチョメの誘いも途切れないのは絶世の美女のみ。よって、いかに受け身体質の女性でも、時には自分から動くこともありますよね。メールだろうと電話だろうと、手段はどうであれ、自ら行動を起こすことは立派です。

問題は、行動を起こした後です。男性側がたまたま電話に出なかったり、メールの返事が自分の期待していた内容と違うだけで、取り乱す女性も少なからず存在します。

たとえば「今週末どこか行こうよ」というメールの返事が、「今週末かー。ちょっと待ってて」という、いったん保留系の場合。男性側は、週末の予定がまだ未確定だから「ちょっと待って」といっているのでしょう。にもかかわらず、「私と会いたくないんだわ!」と妄想を膨らませ、「私と会うヒマなんてないのね」といじけた態度をとる女性のなんと多いことでしょう。女性は、能動的に行動することに慣れていないため、一念発起してとった行動が思いどおりにならないことに不満を抱くのかもしれませんね。

それに対して男性は、能動的に行動することが当たり前になっています。太古の昔、人類が狩猟生活をしていた頃も、待っていても獲物は来ないので、男たちは能動的に狩りに出るのが普通でした。狩りに出ても獲物をゲット出来ないこともあるので、男性は「能動的に動いても、自分の思いどおりにはならない」ということを、身を持って学習したのでしょう。現代に置き換えると、その姿はまさにナンパ師! 街に出て、道行く女性に声をかけまくったからといって、必ずしも立ち止まってくれるとは限らないですよね。ですがスルーされても、いちいち「俺がブサメンだからうまくいかないのか」などとへこむことはありません。

私たち女性も、男性を見習って「能動的に動いても、自分の思いどおりにはならない」ということを理解できるよう努力したいですね。というよりも、世の中自分の思いどおりになることのほうが少ないものです。それを知るには、兎にも角にも能動的に行動する習慣をつけること! 街に出て逆ナンせずとも、女友達を食事に誘ったり、もっと身近なところでは、なんとなくテレビをつけてその時流れている番組を観るのではなく、「観たい!」と思った番組をきっちり選んで観るのも一つの方法です。

2時間ドラマやバラエティの特番など、最後まで観て結局つまらないということも多々あるでしょうが、これこそが「能動的に動いても、自分の思いどおりにはならない」ということを知るレッスンになるはずですよ。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング