TBS『朝ズバッ!』が痴漢報道で安倍晋三氏の映像を流し謝罪「用意していたビデオを誤って再生した」

ロケットニュース24 / 2012年11月21日 18時4分

TBS『朝ズバッ!』が痴漢報道で安倍晋三氏の映像を流し謝罪「用意していたビデオを誤って再生した」

TBSの朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』で、痴漢に関するニュースを際に、まったく無関係の映像が流れて問題になっていました。その映像とは自民党総裁安倍晋三氏の姿。安倍氏はこのことに抗議していたのですが、このほど同番組がHP上に謝罪文を掲載しました。その内容は以下の通りです。

・TBS『朝ズバッ!』が公開した謝罪文
「11月16日(金)の放送で、NHKのアナウンサーが痴漢の疑いで逮捕された新聞記事を紹介した際、誤って安倍晋三・自民党総裁の映像を約2秒間放送しました。衆院解散等の記事を紹介するために用意していた安倍総裁のビデオを誤って再生したものです。安倍総裁はじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」(以上、番組公式ページより引用)

安倍氏は自らの映像が流れたことを、インターネットの指摘で知ったそうです。そして「悪質なサブリミナル効果」と非難し、憤りをあらわにしていました。TBSは謝罪文を掲載するとともに、現在直接お詫びをするための調整を行っているとのことです。

選挙戦も差し迫ったなかでの放送事故。誤って再生してしまったとはいえ、タイミングがタイミングなだけに意図したものと思われても仕方がないでしょう。これ以上、問題がこじれなければ良いのですが……。

参照元:TBS『みのもんたの朝ズバッ!』


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング