【注意喚起】格闘技の練習中に車のカギをポッケに入れておくと危険だということが分かる写真と動画

ロケットニュース24 / 2012年11月25日 22時0分

【注意喚起】格闘技の練習中に車のカギをポッケに入れておくと危険だということが分かる写真と動画

当然のことであるが、格闘技の練習中、ポッケの中に車のカギを入れておくなんてのはご法度である。自分にとっても危ないし、相手にとっても危険である。投げ技のある競技ならば、なおさらである。今すぐポッケは空にしょう。

何がどう危険なのかは、ロシアのサイトに掲載された写真をご覧いただければ一目瞭然。見事に車のカギが足の裏にブッ刺さっているのである。一体なぜ刺さってしまったのか。それは動画「How to Get a Car Key Stuck in your Foot (Original Video)」を見るとよくわかる。

柔術、もしくは護身術の練習をしている2人。片方が先生で、片方が生徒であろう。先生が生徒にラリアット的な技をかけ、生徒は背中から地面に落ちて受け身をとった。一見、なんの変哲もないシーンである。だが!

動画をよく見てみると……生徒のポッケから、車のカギが最初からチラチラ見えている。そして受け身のシーンでカギがスルリと投げ出され、生徒が受け身をとると同時に、車のカギは生徒の足と地面の間でサンドイッチ! ブスリと刺さったのである。

あまりにも一瞬の出来事のため、生徒は「あれ?」といった具合で痛みは感じていない。しかしその後は病院に直行。レントゲンが痛々しいが、無事にカギは抜けたそうな。めでたし、めでたし。

参照元:warnet.ws(ロシア語)
執筆:GO羽鳥


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング