【すべてのプロレスファンに捧ぐ】学習まんが『ピーター博士の流血のひみつ』

ロケットニュース24 / 2012年11月30日 9時20分

【すべてのプロレスファンに捧ぐ】学習まんが『ピーター博士の流血のひみつ』

今をさかのぼること11年前の2001年12月、一冊の本が日本プロレス界に投下され、業界のみならずファンもろとも泡を吹いた。暴露本とも言われているその本の名は、ミスター高橋著『流血の魔術 最強の演技 すべてのプロレスはショーである(講談社)』、通称「高橋本」である。

どのような内容なのか簡単に説明すると、「プロレスは真剣勝負ではなくエンターテインメントである」といったものだ。「勝敗は最初から決まっている」とまで書いてあったこの本に、ピュアハートなプロレスファンたちは大いに動揺、混乱した。

さらに流血のしくみまで事細かに説明されており、当時のプロレスファンたちはビデオを見直し、その目でハッキリと事実を知る。「最初から知っていたよ」という人もいれば、「ヤラセだったなんて……」とプロレスから離れてしまうファンもいた。

そんなプロレス混乱期に描かれた漫画を今回はご紹介したい。根っからのプロレスファンであり、週刊プロレス投稿者出身という恥ずかしい経歴をもつ漫画家・マミヤ狂四郎氏がアイドルグラビア誌『ウォーB組!(サン出版)』に描いた学習まんが『ピーター博士の流血のひみつ』である。

漫画の内容は、高橋本に書いてある「流血」についての内容を勝手に漫画化、わかりやすくビジュアル化したものであるが、最大の見どころは “高橋本には書かれていない流血のしくみ” が描かれたラストの部分。マミヤ狂四郎本人が、ザ・グレート・カブキ選手とゆかりのある某トンパチレスラーから直接聞いた秘蔵の話だ。

たしかに流血は演出かも知れない。だが、その演出を最大限に “魅せる” ために、ザ・グレート・カブキ選手が人知れず試合前に行なっていた “仕込み” に、あらためてプロレスラーの凄さを知ることになるだろう。これがプロレスである。これがプロレスラーなのである。

(文=GO、まんが=マミヤ狂四郎Twitter


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング