パスポートの増補を断られたでござる / 理由は「破けているし汚すぎるから」

ロケットニュース24 / 2012年12月12日 14時0分

パスポートの増補を断られたでござる / 理由は「破けているし汚すぎるから」

海外に渡航する場合、必ず必要となるパスポート。5年タイプと10年タイプの2種類があるが、皆さんはパスポートをお持ちだろうか? 筆者(私)は仕事で海外に行くことが多いため、ついにパスポートの査証ページが残り1ページになってしまった。

パスポートの期限は2014年1月なのであと1年くらいはあるのだが、さすがに1ページでは足りない。ということでパスポートセンターに行って査証ページの増補を依頼したのだが……。なんと断られてしまった。

断りの理由は「破けているし汚いから」。あまりにも過酷な環境下で取材をおこなうこともあったため、パスポートはボロボロで出入国スタンプのインクが滲(にじ)んでいる部分も多数。増補以前の問題であり、これでは渡航できない可能性もあるという。つまり「怪しいからお前は入国させない」と他国で言われてもおかしくないというわけだ。

うーむ、イギリスでも韓国でも大丈夫だったけどなあ。来週からエジプトなんだけど、とりあえず増補はあきらめて再発行を急ぐか……。皆さんも、パスポートの残りページ数、汚れ、破損、有効期限などよくチェックしておこう。

ちなみに、査証ページの増補は当日または翌日くらいには完了するのでけっこうお手軽。持参するものはパスポートと身分証明ができるもの、そして窓口で書く申請書だけでよい。

Correspondent: Kuzo


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング