経済アナリスト森永氏「イケメン税で恋愛格差是正」 ネットの声「面白い」「選挙中にふざけるな」

ロケットニュース24 / 2012年12月12日 7時0分

経済アナリスト森永氏「イケメン税で恋愛格差是正」 ネットの声「面白い」「選挙中にふざけるな」

以前もご紹介したのですが、経済アナリストの森永卓郎氏がまたしても、非婚・少子化について提案をしています。その提案とは、見た目の良い男性に対して「イケメン税」を導入するというもの。これにより恋愛格差を是正し、カップルを増やして少子化に歯止めをかける狙いがあるようです。

奇抜すぎるこの提案に、インターネットユーザーからは賛否両論。「面白い」「嫌いじゃない」など賛成意見がある一方、「しょーもない」「選挙中にふざけるな」と否定的な意見も少なくありません。朝日新聞デジタルによると、森永氏は以下のように伝えています。

「見た目のよい男性にイケメン税を課し、不平等を少しでも是正すれば、不細工な男性も恋愛しやすくなり、結婚する人が増える」(引用ここまで)

森永氏は、容姿の差が恋愛の不平等を生み、結果として少子化にも影響を与えていると考えているようです。そこで、イケメンの所得税を倍にして、不細工な男性(ブサメン)の所得税を1~2割減額するとのこと。たとえば、以下のようになります。(計算をわかりやすくするために、従来の所得税を5万円で統一しています)。

・イケメン税が導入された場合、イケメンとブサメンの所得税の違い
イケメンAさん 従来の所得税5万円 イケメン税導入後 → 10万円
ブサメンBさん 従来の所得税5万円 イケメン税導入後 → 4万円

結婚後の家計に及ぼす影響は、大きくなることでしょう。もし仮に旦那がイケメンで、イケメン税により家計がひっ迫した場合に、奥さんは旦那に「あんたがイケメンだから生活に困るんじゃないの!」とぶち切れするかもしれません。旦那は「惚れたお前が悪いんだろ!」と、反論するのではないでしょうか。それはさておき、森永氏の提案にネットユーザーは次のように反応しています。

・賛成派
「森永卓郎一気に好きになった」
「森永卓郎さんに一度政権を任せてみたくなってきたw」
「面白いからやってみたらいい」
「面白い案だな」
「森永さんブレねえな」
「その程度では人生格差は是正されない!もっと厳しく」
「ガンガンやれ!」
「森永さん、出馬してください。全力で応援します」
「俺アンタ嫌いじゃないぜw」

・反対派
「イケメンに税金課したところでブサイクには女性まわらんよ」
「女性の投票で判定っていうけど、イケメン判定したら税率上がるわけだから、好みのタイプの男性には逆に投票しなくなって逆の結果が出る気がするんだが」
「これは明らかにおかしい」
「選挙中なのにふざけるな」
「しょーもないもん考えるわ!」
「その思考がブサイクw」
「なに言ってんだこいつ」
「頭おかしいだろ」
「この人はなんかツライ過去でもあるのだろうか」

……など。ちなみにイケメンの判断は、無作為に選ばれた女性の評議員が決めるとのことです。かなり実効性の薄い税案ではありますが、そのくらい思い切った改革のアイディアがない限り、少子化の歯止めはきかないのかもしれません。あなたは森永氏の考えをどのように思いますか?

Illustration:Rocketnews24
参照元:朝日新聞


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング