台湾メディア制作の格ゲー『野田VS安倍 空手対戦』が激ヤバ! 必殺技「これでいいノダ」「美しい国・ニッポン」など

ロケットニュース24 / 2012年12月14日 8時40分

台湾メディア制作の格ゲー『野田VS安倍 空手対戦』が激ヤバ! 必殺技「これでいいノダ」「美しい国・ニッポン」など

2012年12月16日に投開票が実施される衆議院総選挙。選挙戦の行方が気になっているのは日本だけではない。

多くの海外メディアは次期与党の予想をしているが、とあるメディアは予想どころか、わざわざ民主・野田氏VS自民・安倍氏の格闘ゲームまで作ってしまったのだ。実際にプレイできるのだが、その内容がかなり際どい。「こんな格ゲーを作ってしまって大丈夫なのか?」と心配したくなるレベルである。

ブラウザで遊べる格闘ゲーム(格ゲー)を制作したのは台湾メディア「NEXT TV」だ。同グループはこれまでも世界中の様々なニュースを茶化しつつしかしかなり忠実にCGアニメ化しすることで有名なメディアだ。勢いあまって格ゲーまで作ってしまうとは……。

『野田VS安倍 空手対戦』では、プレイヤーは民主党の野田佳彦氏、自民党の安倍晋三氏から1人を選んでプレイする。3本勝負中2本先取で勝ち。攻撃中、ゲージがたまると必殺技をくりだすというオーソドックスな格ゲーだ。

しかし、必殺技がかなり際どい。たとえば

・野田氏の技
通常技:「トリプル・パンチパンチ」「どじょう総理」「まだ」
必殺技:「これでいいノダ」 → ときどきドジョウを投げる

・安倍氏の技
通常技:「国防軍」「カイケンポウ」「インフレ」
必殺技:「美しい国・ニッポン!」

なかでも特にヤバいのは安倍氏の必殺技「美しい国・ニッポン」。技名を叫びつつ相手にお尻を向け、勢いよく……この先は実際にプレイして確認してほしい。

ちなみに記者は野田氏・安倍氏両方でプレイしてみたが、どちらかにアドバンテージがあるわけではなさそうだ。なお、戦いに勝利すると、日本の未来を描いたエンディングアニメを見ることができる。しかし勝ってもアニメの中の国民はハッピーな顔をしていないような……?

中立と言えば中立だが、日本がこう見られているのかと思うと、何だか切なくなるは気のせいだろうか。日本の国政をうらなう46回衆議院総選挙の投票日は16日(日)。期日前投票は15日(土)までである。

(文=澤井恵)
参照元: 『野田VS安倍 空手対戦』

▼きわどすぎる格ゲー『野田VS安倍 空手対戦』はコチラ


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング