【画像あり】SCEが本気で作った「究極のキャラ弁」がスゴすぎて笑った! 完全に「弁当」を超えている

ロケットニュース24 / 2012年12月18日 21時58分

【画像あり】SCEが本気で作った「究極のキャラ弁」がスゴすぎて笑った! 完全に「弁当」を超えている

ひぎぃゃああああああああぁぁぁぁ! 『ファイナルファンタジー』と『メタルギア』がシリーズ生誕25周年! それを記念してソニー・コンピュータ・エンタテイメント・ジャパン(SCE)は、作品をイメージした「キャラ弁」のプロジェクトを進行!

そのお披露目が行われたのですがソニー本気出しすぎ(笑)。もう完全に「弁当」の領域を逸脱しています。どう見ても食い物に見えない(笑)。

このプロジェクトは2012年10月から秘密裏にスタートし、25年分の感謝をあらわすために両タイトルのファンの意見も取り入れて制作が進められたのです。見た目だけではなく、食材にもこだわり抜いたそうです。

弁当の主役ともいえるライスは、お米マイスターのアドバイスにより「土佐 天空の郷 ヒノヒカリ」と「島根県 つや姫+北海道 おぼろづき」のブレンド米を使用。卵は日本一高価な一個500円もするという秩父アクアファームの「輝」。海苔は佐賀県産の「佐賀のはしり」などなど、上質の食材を惜しげなく使っています。

そして、料理本の編集制作を手掛ける「食」のスペシャリスト集団「株式会社 食のスタジオ」が、実際のキャラ弁作りを担当しています。まさに妥協なきキャラ弁! 「マジかよ弁当箱買ってくる!」と言いたくなるほどの本気っぷりです。最終的に200を超える作業工程を経て、究極のキャラ弁が完成しました。

弁当お披露目の「究極キャラ弁 贈呈式」には、長年FFの制作に携わってきたスクウェア・エニックスのプロデューサー北瀬佳範氏と、メタルギアの生みの親である小島秀夫氏、そして小島プロダクションの新川洋司氏が駆けつけました。

3人はソニーからキャラ弁がプレゼントされると聞いていたのですが、実物を見て衝撃を受け、北瀬氏は「もっとショボイかと思った(笑)」と話していました

それにしても、凄まじいクオリティのキャラ弁です。食べるのがもったいないほどの完成度なのですが、3人は本当に食べるのでしょうか。気になるところです。アヒアヒアヒアヒ♪

Photo:Rocketnews24
取材協力:究極のキャラ弁プロジェクト


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング