通販でお取り寄せする人は注意 / 売るために「わざとワケをつけてワケアリにしている店」がある

ロケットニュース24 / 2012年12月26日 14時0分

通販でお取り寄せする人は注意 / 売るために「わざとワケをつけてワケアリにしている店」がある

皆さんはネット通販でお取り寄せグルメをしたことはありますか? もし使ったことがあるならば、どんな基準で購入する店を決めていますか? 質よりも価格重視で激安な店、送料が無料の店、高くても美味しい超人気の店、いろいろあります。

特に最近は「ワケアリ商品」というキーワードに弱い人が多くいるようです。「ワケアリ」とは「いつもは高いけどワケがあって安く提供していますよ」ということを意味します。たとえばグルメの場合、かたちが崩れていたり、賞味期限が近かったり、包装が簡易だったりと、いんな「ワケ」があって安くなっています。でもちょっと待って!

悪質な店のなかには、「ワケ」がないのに「わざとワケをつけてワケアリにしている店」もあるのです。普通に売っても売れないので付加価値をつけるために「ワケアリ」にしているというわけですね。本来ならばワケアリ商品は価値が下がっているはずなのですが、客の心理の裏をかいて、わざとワケアリとして売るわけです。

もちろん、ワケアリ商品として良心的に販売をしている店がほとんどです。しかし、ほんの一部のネット通販ショップでは、わざとワケアリにして客を呼び寄せて売っているケースもあると言われています。自分で満足したのであればどんな商品でも不満はないと思いますが、そうやって客の心理の裏をかいている店があることを不快に思っている人もいるのです。


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング