【アップル福袋行列】荷物管理の大切さと人の優しさを学んだ壮絶な一日! この日のことは一生忘れません

ロケットニュース24 / 2012年12月28日 17時0分

【アップル福袋行列】荷物管理の大切さと人の優しさを学んだ壮絶な一日! この日のことは一生忘れません

こんにちは! アップルのラッキーバッグ2013を一番にゲットするため、東京・渋谷のアップルストアに並んでいる田代です。12月25日に並び始めて3日目の12月27日、信じられないようなことがありました。

27日の午前3時、深夜の厳しい寒さに体を震わせながら、寝袋に身を包み、なんとか就寝することができました。そして午前6時40分ごろに目を覚ますと、眼前に広がる光景に唖然としました。

■荷物がなくなってる!
4時間ほど前に自分が座っていた椅子、様々な荷物を入れていた旅行バッグ、充電式ポータブル電源、そして寝る前に脱いだ靴がなくなっているのです。えっ!? どういうこと? うん? 自分はまだ夢の中にいるの?

軽いパニック状態でした。そしてまず自分の頭に浮かんだのは、「誰かがゴミだと思い、どこか他の場所に持って行ったのでは?」という考えでした。靴がないので、靴下のままハアハアと息を切らせながら辺りを走り回ったのですが、どこにも自分の荷物らしきものは見当たりません。ダメだ、本当になくなってる……。

■知人が緊急措置のクツを届けてくれた!
そしてこれからどうしたらいいものかと20分ほど考えた末、まずは知り合いに電話し、救援要請を出すことにしました。それから2時間後、知り合いは僕のための真新しい靴を手に、わざわざ渋谷のアップルストア前まで来てくれたのです。彼からその靴を受取る瞬間、彼の後ろに後光が見えました。まぶしい! そうか、これがあの噂に聞く “無償の愛” というやつなのか。

その後、彼からもらった靴で、近くのお店に新しい椅子を買いに行き、なんとか並ぶための態勢を整え直すことができました。

■新たな使者が登場。そして20分後……!!
そしてお昼12時ごろ、荷物の多くを失い意気消沈している僕を励まそうと、ロケットニュース24のGO記者が来てくれました。GOさんに事のいきさつを説明すると、「荷物を失ってつらいだろうけど、残りも頑張ってね!」と優しく励ましてくれました。

涙がでるほど、嬉しい! GOさんを含めこういった周りの人たちからの言葉ひとつひとつが、僕の心の支えとなり、「よし! 残りも頑張るぞ!」という前向きな気持にさせてくれました。

その新たな意気込みを胸に、アップルストア前で並んでいると、20分後にGO記者から「見つけたよ!」という謎のメールが! まさか!? ウソでしょ! いやいや、ないない! そんなのありえないよ!

■電光石火の解決! なんという奇跡!!
しかしGO記者は、僕の予想を気持ちよく裏切ってくれました。そう、自分がなくした椅子やバッグを手に帰ってきたのです! 僕の荷物を見つけ出し、笑顔で、それもルンルンで帰ってくるGOさんの姿を見た瞬間、彼が「飢えた少女にパンと水を差し出す優しき神」に見えました。ありがとうございます、ゴッド・ゴウ!

自分の不注意から起こった今回の荷物消失事件。僕が所持品を失ったことで、ご心配をおかけしてしまったみなさん、本当に申し訳ございませんでした。そしてその僕に励ましの言葉をかけて下さったみなさん、本当にありがとうございました。

しかし12月27日の夜、仲間に代わりをお願いして一時帰宅したのですが、約束の時間の28日朝8時に戻ってこれず、また迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ない限りです。はあ、自分の甘さを思い知らされる日々。自分の失敗をしっかりと反省し、今日も頑張っていきたいと思います。

(文 = 田代大一朗
Photo:Rocketnews24


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング