【おやすみ短編小説】明日からまた1年間の労働と苦悩とストレスの日々が待っているわけだが

ロケットニュース24 / 2013年1月6日 21時0分

【おやすみ短編小説】普通の会社員の新田正志と申します。皆様におかれましては、正月休みが今日で終わり、明日からまた1年間の労働と苦悩とストレスの日々が待っているわけですが、いかがお過ごしでしょうか? 私の上司はいつもこう話しておりました。

「人間は働くために生まれてきたんだよ。働かなくちゃ生きていけないだろ? つまり働けってことだ。休んで金になるか? 生きていけるか? 無理だろ? 人間は衣食住のほかに労が必要なんだよ。だから働けよバカ。なに休んでんだよ」と。

私もそう思います。労働してこそ人生。苦悩しつつ、ストレスをためつつ、病気にかかりながら、肉体の披露をだましだまし、老衰や病気で死亡するまで働き続けるのが人間なのです。正月休みなんて本当はいらないのです。そんな「甘え」があると人間は自堕落になり、ああ、働きたくないと思ってしまうのです。

トイレと食事と睡眠以外の時間はすべて労働に当てるべきです。本来ならば、トイレに行く時間すら惜しんで働くべきなのです。そう考えると正月休みなんてあっちゃいけないのです。とりあえず、皆さんは明日からの労働に備えて早く寝てください。私も早く寝て、今年もちゃんと1年間働き続けられるよう、体調を万全にしたいと思います。


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング