ダイエット・トリビア! 階段は段をまたぐより一段ずつ上った方が痩せるらしい!

ロケットニュース24 / 2013年1月7日 7時0分

年末年始の食べ過ぎで、体重増加が気になるこの時期。エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使うなど、日常のちょっとした行動で消費カロリーを増やす意識をしている人も多いのではないだろうか。

中にはカロリー消費のために「階段は一段抜かしで上る!」という人もいるかも知れない。しかし、本当に段を飛ばして駆け上がる方が、一段ずつ上るよりもダイエット効果があるのだろうか?

英国のローハンプトン大学が、「一段ずつ」「一段抜かし」それぞれの上り方で階段を利用した場合のダイエット効果を調査した。

調査では被験者らに毎日5階分(高低差約15メートル)の階段を5日間上らせ、その際の平均消費カロリーを計算した。すると一段ずつ上ったグループの平均消費カロリーが302kcalだったのに対し、一段抜かしで上ったグループは260kcalと約15%少なかった。つまり「階段は一段ずつ上る方が消費カロリーが高い」という結果が出たのだ。

調査を行った環境生理学講師ルイス・ハルシー氏は、「一段抜かしで駆け上る方が疲労も激しく、エネルギーを使うイメージがあります。しかし、のんびり一段ずつ上った方が、継続的に行った場合のダイエット効果が高いのです」と述べている。

「一段一段上るというコンスタントな動作を長く続けることで、筋肉の収縮が短い間隔で頻繁に起き続けるため、結果的にエネルギー消費が大きくなると考えられます」

またアルスター大学の行った別の調査では、約150段の階段を日常的に5週間継続して使用した被験者は、持久力の指標である最大酸素摂取量が10%上昇したという結果が出ており、短時間の運動でも継続して行うことで確実に体力アップに繋がることがわかっている。

一時的なダイエットだけでなく健康増進のためにも、続けて運動することが大切だ。まずは無理のない範囲で一歩、いや一段ずつ、のんびり始めてみよう。

参照元:DailyMail(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング