SNH48の劇場周辺がカオスっぽい下町でビビった / 付近を知る人「女子がうろうろするような場所ではない」

ロケットニュース24 / 2013年1月11日 6時40分

SNH48の劇場周辺がカオスっぽい下町でビビった / 付近を知る人「女子がうろうろするような場所ではない」

すでに「本家より可愛いかも!」と評判の中国版AKB・SNH48! 2013年1月12日にはお披露目公演、春には専用劇場での公演が始まる。

AKBから移籍した宮澤佐江ちゃんと鈴木まりやちゃんは、お披露目公演はビザの関係で出演しないそうだが、今後、彼女達が立つことになる劇場は一体どんな場所なのだろう? 公式サイトにある住所を頼りに一足早く劇場を確認しに行ったぞ!

……って何やここ!? 予想以上に小汚い! なんだかカオスっぽさをにじませているのだが……こんなところで本当に大丈夫!?

■住所は上海市虹口区嘉興路267号
SNH48の公式サイトによると、専用劇場「星夢劇場」の住所は上海虹口区嘉興路267号だ。最寄りである地下鉄海倫路駅は上海随一の繁華街・南京東路から3駅目。繁華街から程近い立地でありながら下町の情緒残る地域である。

■予想以上の下町っぷりでビビった
劇場は嘉興路とハルビン路の交差点にある。現在、春に向けて建設中だ。それにしても「下町」とは聞いていたが……これは予想以上!! 付近は電気をつけずに営業している店が立ち並び、その2階は民家。道路の端にはゴミが散らかり、川が近いせいかなんだかジメジメしている。その反面、空気は埃っぽい。ザ・上海下町である。

■SNHの知名度はイマイチ 屋台のおばちゃん「映画館じゃないの?」
劇場の正面で「葱餅」を売っている女性に「あの建物(劇場のこと)は何か?」と聞いてみた。すると「ほら!映画だよ、映画を公開するところじゃないの?」とのこと。葱餅屋の客も「映画館」と話している。

「アイドルの劇場になると聞いたのですが」と、もう一度聞いてみたところ「あ、そう」と全く興味がなさそうだった。SNH48も専用劇場もそこまで知られていないのかもしれない。

■付近をよく知る人物「若い女の子が来るようなところではない」
特に繁華街でも電気街でもない下町・嘉興路。付近をよく知る東京・理系大学のK助教に聞いてみたところ「AKBはよく知らないが、ここは女の子がうろうろするような場所ではない」とのことだ。

えええ! そんな場所で佐江ちゃんやまりやんぬは大丈夫なのかッ!? 思わず狼狽してしまったが、治安というより衛生面で、とのことだ。劇場ができることで衛生面の改善を期待したいが……ただK助教は「テレビで見るきらびやかな上海とは別の顔が見られるので面白い場所だとは思いますよ」とも話している。ついでに付近を散策するのも楽しいかもしれないぞ。

ちなみに劇場の前には葱餅の屋台のほかに、肉まん屋、パン屋、食堂などがある。冬季限定で犬肉鍋を扱う店もあった。中国ならではである。公演の後、地元食堂で食事……そんなにぎやかな光景が見えてくるようだ。

(撮影、文=澤井恵


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング