悩み過ぎ注意! 「人は人生の5年分もの時間を何かに悩むことに費やしている」との調査結果

ロケットニュース24 / 2013年1月29日 20時0分

悩み過ぎ注意! 「人は人生の5年分もの時間を何かに悩むことに費やしている」との調査結果

考えても考えても解決するわけではないのに、考え出したら止まらないやっかいな悩み事。きっと誰にでもひとつやふたつあるはずだ。でも、考え過ぎる傾向がある人は少し気をつけたほうが良いだろう。自分が思っている以上に時間を無駄にしているかもしれない。

最新の調査によると、人は1日のうち約2時間何かを思い悩んでいることが判明したそうだ。これは成人してからの一生で考えると、なんと約5年分にも相当するという。

調査はイギリスで行われたもので、成人男女にアンケート形式で回答してもらった。これにより人々の主な悩みの種は、「お金、健康、老い、仕事、男女関係」などであることが判明。これら様々なことに関して、人々は1日平均2時間、1週間で14時間悩んでいるという。

これは、人生の約5年もの時間を何かに悩んで過ごしていることになるのだが、ここまで思い悩んでいるにも関わらず、4人に1人は相談相手がいないと回答。3人に1人は悩みをカウンセラーに相談したり、悩んだ末のストレスで病院に行ったりするなど、何らかの形で専門家にかかった経験があったという。

また、過度に心配事や悩み事について考えたせいで、多くの人がさらになんらかの問題を抱えてしまうことが判明。その主なものは、仕事場における集中力の欠如や不眠症、配偶者や恋人との喧嘩などだったという。

この調査はイギリスで行われたものだが、日本も無関係な話ではないだろう。ちょっとした悩みから大きな問題まで様々だとは思うが、人生のうちでこれほどの時間をかけていたのかと思うと、少し見方が変わるかもしれない。今まさに悩んでいるみなさんにとって、今回の結果がそのきっかけになれば幸いである。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr the Italian voice


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング