【奇跡の質問】うちの猫が「くさい」としゃべりました 正確には「くすぁぃ」という感じ

ロケットニュース24 / 2013年1月30日 11時5分

【奇跡の質問】うちの猫が「くさい」としゃべりました 正確には「くすぁぃ」という感じ

古くから愛玩動物として、人間に親しまれている動物「猫」。飼っている方はおわかりになるかもしれませんが、時々人の言葉を理解し、場合によっては言葉を話すような素振りを見せます。

とあるQ&Aサイトに、そんな猫の奇跡を思わせる現象を報告している質問者がいます。質問者によると、質問者の足をかいで「くさい」と言ったようなのですが……。

・猫に関する質問
「猫は一生に一度だけ人語を話し、世話をしている人に対して日ごろの感謝を述べたり、未来の予言をしたりするといいます。(中略)昨日、歩きつかれて帰宅したところ、玄関まで猫が迎えに来てくれました。その際、私の足のにおいをかいで、かなりはっきりと「くさい」といいました。これはさすがに人語としてカウントされませんよね?ノーカンですよね? 正確には「くすぁぃ」という感じの発音です」(マイナビニュースQ&Aより引用)

猫が一生に一度話すといわれる言葉、それが「くさい」だった。なんということでしょう! 質問者の胸中を察して、ノーカンにしてあげたい気持ちになります。できれば、「ありがとう」とか「あなたに出会えて幸せです」とか、ハートウォーミングな感じの一言が欲しかったはず。

それが「くさい」とは!? 主人の足を嗅いで「くさい」とは!? 長年連れ添った猫からは、聞きたくない言葉です。もしかして、普段からずっとそう感じていた可能性も否めないでしょう。よりによって「くさい」、正確にいえば「くすぁい」だった。

あなたはこの質問者の気持ちを汲んで、「ノーカウントでOK!」としてあげますか? それとも「足が臭かったのは仕方ない、猫がかわいそう」と判断しますか? 可能なら、もう一度「くさい」以外のことをしゃべってくれると良いのですが。

Photo:Rocketnews24
参照元:マイナビニュースQ&A


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング