【トルコ航空】飛行機に乗りながらインターネットができて感動! メールもサイトもゲームもTwitterもFacebookも可能

ロケットニュース24 / 2013年2月17日 17時0分

【トルコ航空】飛行機に乗りながらインターネットができて感動! メールもサイトもゲームもTwitterもFacebookも可能

インターネットができない場所ほど、インターネットをしたくなるものである。ケータイの電波が届かない場所は基本的にインターネットもできない。地下鉄の中、トンネルの中、山の中、ここぞというときに使えないのは不便である。

・飛行機の中でインターネット可能
インターネットができない場所の代表として「飛行機の中」がある。高度10000メートルもの上空を高速で飛んでいるのだから、できなくても仕方がない。しかし! なんとトルコ航空が飛行機の中でインターネットができるサービスを提供しているのである!! しかもいまのところ無料らしい!! 実際に乗って試してみた。

・安定飛行に入ってからインターネット接続可能
トルコ航空は国際線の一部でインターネットサービスを提供している。たとえば、筆者(私)が乗った成田~イスタンブール間の飛行機にはWIFIが搭載されており、安定飛行に入ってから電波が発信され、インターネットにアクセスできるようになった。

・WIFI接続でログインするだけ
インターネットへのアクセス方法は簡単だ。パソコンや iPhone、iPad などで「Turkish Airlines」の電波を受信すると自動的にログイン画面が表示されるので「INTERNET」のボタンをクリック。あとは規約に同意してインターネット接続成功!!

・iPhoneやiPadも接続可能!!
すでに解説したとおり、トルコ航空のインターネットサービスは iPhone や iPad も接続ができる。ただし機器ごとにログインが必要なため、ログイン画面を表示することができないゲーム機などの機器は、インターネットへのアクセスができないので注意しよう。

・TwitterやFacebookもアクセス可能!!
一部の音声通話アプリなどは使用できない場合があるようだが、日常的に私たちが使用しているサイトの閲覧は問題なくでき、データのアップロードやダウンロードも可能(とはいえ大容量データのやり取りはやめておこう)。もちろん、いつものように Twitter や Facebook に書いたり写真をアップロードすることも可能だ。

・オンラインゲームも可能!!
送受信データの少ないオンラインゲームであれば問題なくサクサク楽しむことができる。地上にいるときと変わりなくゲームに熱中できるというわけだ。

・やりすぎに注意!!
あまりにも飛行機の中でのインターネットが楽しくて、筆者は何時間もインターネットばかりやってしまった!! 気がつけばもうトルコの首都・イスタンブール(日本からの飛行時間は約12時間)。いつもは寝るか、本を読むか、音楽を聴くか、もしくはゲームをするしかなかったが、インターネットができることにより、飛行機での楽しみの幅が広がったのは確かだ。

・すべての乗客が利用可能
ちなみに、このインターネットサービスはビジネスクラスやコンフォートクラスだけでなく、エコノミークラスの乗客たちも利用可能だという。今後は、飛行機の中で撮った写真がリアルタイムで Twitter や Facebook に掲載されまくるようになるかも!?

参照元: トルコ航空(Turkish Airlines)
Produce&Report: Kuzo.
Cooperation: tavii.com


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング