ミャンマーが無法地帯すぎて笑った / 美女が勝手にスーパーマリオの歌作って販売しとる(笑)

ロケットニュース24 / 2013年2月17日 20時0分

ミャンマーが無法地帯すぎて笑った / 美女が勝手にスーパーマリオの歌作って販売しとる(笑)

いま世界中から注目されているアジアの国といえば、ミャンマーだ。その最大の都市・ヤンゴンで『スーパーマリオブラザーズ』の主人公・マリオの歌が販売されていたのでご紹介したいと思う。

この歌は美女ボーカルが歌っており、CDアルバムのタイトルは『MARIO』。メインの曲名も『MARIO』となっており、ジャケットもCDも『スーパーマリオブラザーズ』を基調デザインとして作られている。

このCDアルバムはミャンマーの正規ルートで流通されているもので、自費製作やインディーズではない。つまりプロのミュージシャンが歌ったものであり、普通の音楽企業が販売しているものである。

『MARIO』を歌っているのはミャンマーでは有名な歌手で、非常に妖艶なスタイルをしており、マリオのコスプレをしたその姿は非常にセクシー。実際に歌を聴いてみたのだが、あまりマリオっぽくなかったものの、電子音が使われていることから、そういう意味もあって『MARIO』にしたのかも?

ジャケットは厚紙で作られており、ツヤ出しのコーティングがされている。さらにラメでキラキラする仕様になっており、非常に高価なイメージを受ける。CD自体のデザインにも『スーパーマリオブラザーズ』に登場するキノコが描かれており、強いこだわりを感じる。

このCDアルバムを徹底的にチェックしたのだが、いっさい「任天堂」や「Nintendo」という文字は書かれていなかった。とはいえ、このCDアルバムの完成度が非常に高いのは確かである。

Report:: Kuzo / GO.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング