『ジョジョの奇妙な冒険』でディオが『ザ・ワールド』と『ハーミットパープル』を使えた理由

ロケットニュース24 / 2013年2月23日 9時0分

『ジョジョの奇妙な冒険』でディオが『ザ・ワールド』と『ハーミットパープル』を使えた理由

人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』には、不思議な「スタンド」と呼ばれる超能力を持ったキャラクターたちが登場する。スタンド能力は「ひとりにひとつの能力」であり、ふたつも3つも能力を持つことはできない。

しかし、第三部に登場したディオ・ブランドーは『ザ・ワールド』という時を止めるスタンド能力と、念写をすることができる『ハーミットパープル』というスタンド能力を持っていた。つまりひとりでふたつの能力を持っていたのである。どうしてなのか?

どうしてスタンドの法則が崩れたのか? どうしてディオがふたつの能力を身につけたのか? その理由は公式本にて明かされている。ディオは首から下がジョナサンの肉体であり、『ハーミットパープル』はジョナサンの肉体から発現したスタンド能力なのである。

つまり、ふたりの肉体を持つディオだからこそ、ふたつの能力を持つことができたのである。しかし、ディオは物語の後半になると『ハーミットパープル』を使わなくなり、『ザ・ワールド』のみで戦うようになった。そうした理由は不明である。


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング