画像でわかる「自転車に乗っているときに絶対にやってはいけないこと」

ロケットニュース24 / 2013年2月25日 16時0分

画像でわかる「自転車に乗っているときに絶対にやってはいけないこと」

風を切って走る自転車は実に気持ち良い。自らの足は無限のエンジン。ペダルを回し続ける力さえあれば、どこへだって行ける。自転車は最高だ! ……だが。時として「こうやったらどうなるだろう」と運転中に思うことがある。

片手運転なんて序の口で、腕をクロスしてハンドルを握ったらどうなるだろう……と尽きぬ妄想。そんななか、海外の画像サイトに模範的な「自転車に乗っているときに絶対にやってはいけないこと」が掲載されていたのでご紹介したい。

画像は3コマ漫画になっており、1コマ目は普通に自転車を乗っている青年。腕には棒を持っている。片手運転だが、まあ大丈夫だ。と、2コマ目、何を思ったか、その棒を回転中の前輪スポークの間にぶっ刺すのである。

「これを入れたらどうなるんだろう」

きっとそう思ったに違いないが、最後のコマでは転倒し、思い切り足を痛めている。必ずコケる。例外はない。絶対に棒やらカサを回転中の前輪にぶっ刺してはならないのだ。

だが、経験者に言わせてもらえば、単にコケるどころの話ではない。私(筆者)は自転車で走行中、前輪付近にあるライトのレバーを足で倒そうとチョイチョイしていたところ、運悪く足が回転中の前輪に巻き込まれ大怪我をしたことがある。

コケるなんて生易しいものではない。大回転である。私自身が大車輪である。猛スピード&下り坂であったこともあるが、宙を舞うほどの、ものの見事な大回転だ。親指の爪も失った。回転中の車輪には、絶対に体の一部やモノを近づけてはならない。絶対にだ。

(文=GO
参照元:LOL SNAPS(英語)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング