【男性必見】ひげを生やすべき5つの理由「紫外線から守ってくれる」「肌の老化防止」など

ロケットニュース24 / 2013年2月26日 17時0分

【男性必見】ひげを生やすべき5つの理由「紫外線から守ってくれる」「肌の老化防止」など

ひげを生やすか生やさないかで、男の雰囲気はがらっと変わる。いい男度をぐいっと引き上げてくれることもあれば、逆にきちんとメンテナンスしなければ不潔度が上がってしまうことも。そんな男の美醜を左右するひげ。

だが、ひげは見た目を変えてくれるだけじゃない。実はもっと現実的なメリットもあるのだ。英国メディアDaily Mailにて紹介されていた「知られざるひげの効能5」をご紹介しよう。

1.太陽光・紫外線から守ってくれる
お肌の大敵の一つ、紫外線。ひげはそんな紫外線から肌を守ってくれる。オーストラリアのサザンクイーンズランド大学はマネキンを利用して、ひげが太陽光や紫外線をどれほど防ぐかを研究した。その結果、ひげはその長さにもよるが、90~95パーセントもの太陽光を遮ることが判明したのだ。

ちなみに太陽光・紫外線の防御レベルは、毛の長さ、巻き毛レベル、毛の濃さに比例するとのこと。つまり、みっしり、もじゃもじゃのひげは最強の日焼け止めになる。

2.ぜんそく予防になる
鼻と唇のあいだの口ひげは、花粉やホコリといったアレルギー源が鼻から体内に侵入するのを防いでくれる。そう、ぜんそく予防になるのだ。

なお、顕微鏡レベルでしか見えないような微細なホコリは、ひげがあっても鼻への侵入を食い止めることが難しいようだ。また、花粉やホコリが鼻に入るのを防いでくれるというのは、そうしたアレルギー源がひげに蓄積していくということでもある。ひげを清潔に保つことも必須だ。

3.お肌を若く保ってくれる
なんと、ひげは肌の老化防止にも効果があるそうだ! まず、乾燥の原因となる強い風から肌を守ってくれるため、肌の乾燥を防いでくれる。また、化粧水や保湿クリームを使う場合も、ひげがある方が成分が肌に長く留まるため、保湿効果が長続きする。

4.風邪予防になる
あご下から首にかけてのひげは、首まわりの体温を上げてくれる。そのため、風邪の原因「冷え」を防ぎ、風邪予防にもなるのだ。

のどが痛いときには、身体は体温を高めてウイルスを殺そうとする。つまり、身体をあたためることが、風邪と闘うのに重要なのだ。冷たい風や空気が直接肌に当たるのを防いでくれるひげは、ウイルスとの闘いにも一役買ってくれるだろう。

5.肌あれを防ぐ
ひげを生やす。つまりは、ひげを剃る必要がなくなる。このメリットは大きい。カミソリは様々な問題の原因になりうるからだ。細菌感染を引き起こすこともあるし、肌あれや埋もれ毛(皮膚内で毛が成長してしまう状態)、毛穴部分の感染につながることも。

だが、ひげを生やすことを選択すれば、こうしたカミソリが引き起こす問題に直面することもなくなるのだ。

以上が、ひげを生やすべき5つの理由。ひげは単なるファッションじゃない。現実的なメリットがいっぱいなのだ。

これを読んで、ひげを生やそうと心に決めたあなたへ。最後に一つだけ注意を。ひげを生やす場合には、「清潔に保つ、定期的にカットして整える、食べ物のカスが残らないように気をつける」ことをくれぐれも忘れずに。でなければ、逆にひげが細菌感染を広げる原因になってしまうこともあるからだ。

これさえ守れば、大丈夫。自信を持って、ひげライフをスタートしてみてほしい!

(文=佐藤 ゆき
参照元:Mail Online(英文)
photo:Rocketnews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング