【WBC野球】負けそうな韓国が苦しい言い訳「台湾は寒い! 食べ物も合わない! だから実力を発揮できない!」

ロケットニュース24 / 2013年3月5日 20時19分

【WBC野球】負けそうな韓国が苦しい言い訳「台湾は寒い! 食べ物も合わない! だから実力を発揮できない!」

2013年3月2日より行われている野球の祭典『ワールドベースボールクラシック』(WBC)。先日、アジアきっての強豪チームである韓国がオランダに大敗し、2次ラウンド進出の危機を迎えている。

3月5日(火)に台湾の台中市で行われる台湾戦で大勝しないと2次ラウンドへの自力進出は絶望的になる韓国チーム。史上最強打線で臨んだにもかかわらず、なぜこのような窮地に陥ってしまったのか。台湾メディアによると、韓国では以下のように分析されているそうだ。

【史上最強打線の韓国チームが実力を発揮できない理由】
・韓国チームは全ての試合がナイターである。台湾の夜の体感温度は0度と寒すぎる。加えて風も強い。風の方向、速度は不規則で選手の体の自由がきかなくなってしまい力が発揮できない
・2月12日より台湾入りをしているが、現地の食べ物は味が濃く、合わない。選手の食欲不振を招いており力が発揮できない

……以上である。普段、台湾より寒い韓国にいる選手たちが、まさか「選手にとって台湾の気候が寒すぎる」と言われてしまうとは……。食べ物に関しては事前に口に合うものが準備できなかったことが悔やまれる。

いずれにせよ、今日の試合で台湾に6点差で勝たない限り、2次ラウンドへの進出は絶望的だ。対する台湾は連勝中であり勢いがある。どのような結果になるのか? 日本時間で20:30開始だ!

参照元:ET Today(中国語)


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング