【遠隔操作ウイルス事件】容疑者が猫にチップの首輪をつけたのは1月3日14:43~16:13の間か / 証拠らしき写真がネットに載る

ロケットニュース24 / 2013年3月16日 7時59分

【遠隔操作ウイルス事件】容疑者が猫にチップの首輪をつけたのは1月3日14:43~16:13の間か / 証拠らしき写真がネットに載る

パソコンを遠隔操作するウイルスを使用し、4人もの無実の人たちを誤認逮捕・検挙させるに至った「遠隔操作ウイルス事件」。IT関連会社社員(30歳)が逮捕され、大きな注目を集めた。

・江ノ島の猫に首輪をつけたのが逮捕のきっかけ
逮捕の決め手は、容疑者が江ノ島にいる野良猫に、犯人しかわからないデータが入った首輪(マイクロSDカード)をつけたことがきっかけと言われている。この騒動について新たな情報が入ってきた。

・容疑者は13:30~15:30に江ノ島にいた
当該の野良猫は江ノ島の人気者で、あらゆる観光客が写真を撮っている。容疑者は、1月3日13:30~15:30ごろに江ノ島にいたとされている。もし彼が首輪をつけてないとすれば、その時間以降に観光客が撮った野良猫の写真に首輪が写っていないはずだ。以下は、人気情報サイト『ITmedia』の記事の一部引用である。

・『ITmedia』の記事
「会見で佐藤弁護士は、容疑者の男性が江ノ島に滞在した時間について、1月3日午後1時半頃~午後3時半頃と語っている。もしこの時間以降に撮影されたネコの写真が存在し、そこに首輪が映っていなければ、無実の可能性が高くなるという主張だ。そのため「3日午後3時半以降にネコの写真を撮った人がいたらどうか情報提供していただきたい」と今回呼びかけた」(引用ここまで)

・ブロガーが野良猫の写真を掲載
上記の報道にあるように、弁護士は容疑者の無実を晴らすべく、1月3日15:30以降に猫の写真を撮った人に情報提供を呼びかけていた。その後、テレビの報道を見て気がついたひとりのブロガーが、自身のブログに当該の野良猫の写真を掲載。

・14:43の写真に首輪なし / 16:13の写真に首輪あり
ブロガーの情報によると、14:43ごろに撮影した野良猫の写真には首輪が付いておらず、16:13ごろに撮影した野良猫には首輪がついていたという。ブロガーが撮った写真にもそのようすが写されていた。以下は、ブロガーの書き込みコメントの引用である。

・1月3日の江ノ島の猫ちゃん
「江ノ島神社に行く途中で撮影したものこの時は、首輪はしていませんでした。(14:43)それから江ノ島神社に行き、お参りをしてから約1時間半後、戻ってみると、何と、この猫ちゃん、さっきとまったく同じ場所でじーっとして居るんです。その時、「あれ?!この猫、首輪をしてるね。野良猫じゃないんだね」と夫に言ったのを覚えています。首輪をしていたことを、その時に気付いたのかと思っていましたが、、、まさか、この首輪がこんな事件になっていたとは、、、わかります? ピンク色の首輪、見えますか?」(引用ここまで)

・つまりこんな感じ
弁護士「容疑者は13:30~15:30に江ノ島にいた!!」

弁護士「それ以降に撮られた写真に首輪が写ってなければ無実かも!!」

16:13ごろブロガーがしっかり首輪つき猫を撮ってました

・容疑者がさらに追い詰められる結果
この写真が撮影された日時が正しければ、容疑者がさらに追い詰められるのは間違いない。この遠隔操作ウイルス事件、今後はどのような展開をみせていくのか? 今後も注目していきたい。

参照元: 14:43~16:13の間に撮影された江の島の猫の写真が公開( satoru.net )
関連記事: 遠隔操作ウイルスの真犯人が仕込んだ「猫の首輪」が猫から回収される


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング