【海外版タイバニ】もしも世界のスーパーヒーローにスポンサーがついていたら

ロケットニュース24 / 2013年3月17日 10時0分

【海外版タイバニ】もしも世界のスーパーヒーローにスポンサーがついていたら

人々を助け、世界中で愛され続ける「スーパーヒーロー」。もしもそのスーパーヒーローたちに、世界の大企業がスポンサーとしてついていたら、一体どうなるのだろうか? 日本アニメ『TIGER & BUNNY』の海外バージョンを思わせるこの疑問に、真正面から答えたある画像が注目を集めている。

その画像を制作したのは、海外アーティストRoberto Vergati Santosさん。彼はバットマンやアイアンマンなどのスーパーヒーローのコスチュームに、世界の大企業ナイキやマクドナルドのロゴを上手く埋め込み、見事なまでのスポンサーヒーローを描き切っている。

特に記者(私)が舌を巻いたのは、レッドブルがスポンサーとなったスピードヒーロー「フラッシュ」のイラストである。これが非常によく出来ており、「あれ? フラッシュって、レッドブルのイメージキャラクターだったっけ?」と勘違いしてしまうほどそのイラストには違和感がないのだ。

さて、みなさんはこれらのスポンサーヒーローたちをどう思うだろうか? もしかしたら世界のスーパーヒーローたちも不況に苦しみ、スポンサーを必要としているのかもしれない。そう考えると、こういったイラストのほうがよりリアルな世界を描いているともいえる。

参照元:Behance
執筆:田代大一朗

▼スポンサーがついたスーパーヒーローたちのイラストはこちら:http://wp.me/p25BsW-1heZ


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング