あまり知られていないが『ロードランナー』と『チョップリフター』と『バンゲリングベイ』は同じ世界の物語

ロケットニュース24 / 2013年3月24日 11時0分

あまり知られていないが『ロードランナー』と『チョップリフター』と『バンゲリングベイ』は同じ世界の物語

あまり知られていないが、人気ゲーム『ロードランナー』と『バンゲリングベイ』は同じ世界の物語である。『ロードランナー』や『チャンピオンシップロードランナー』の世界は、バンゲリング帝国内での出来事であり、バンゲリング三部作のひとつなのだ。

『ロードランナー』と『チョップリフター』と『バンゲリングベイ』が、バンゲリング三部作といわれている。さらに『ボンバーマン』は『ロードランナー』よりも以前の物語としてつながっており、それもバンゲリング帝国と関連した物語といえる。

また、舞台となる惑星は違えど『ボンバーキング』は『ボンバーマン』の正式な続編として作られた作品であり、広く考えれば『バンゲリングベイ』とつながりのある世界の物語といえる。

これはさらに掘り下げて調べる必要があるのだが、『ボンバーキング』の主人公がシューティングゲーム『ヘクター87』に登場することがあることから、『ヘクター87』にも『バンゲリングベイ』と関連した世界と言えなくもない。

おもしろいのは、『ロードランナー』や『バンゲリングベイ』をファミコンで発売したのがハドソンであるのに対し、『チョップリフター』を発売したのがジャレコという点だ。これは、もともとそれらのゲームの権利を持っていたブローダーバンド社が、各ゲームメーカーに権利を売った(貸した)からといわれている。

参照元: ロードランナー(ハドソン)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング