朝型派より夜型派のほうが知能が高くて高収入の職に就きやすいことが判明

ロケットニュース24 / 2013年3月29日 21時30分

朝型派より夜型派のほうが知能が高くて高収入の職に就きやすいことが判明

夜型派のみなさんに朗報! 昔から早寝早起きは良いこととされているが、より賢くなり、より稼ぐためには「遅寝遅起き」のほうが良いようだ。

最新の研究によると、早寝早起きの人よりも遅寝遅起きの人のほうが知能が高く、高収入の仕事に就きやすいことが判明したという。健康面では朝型の生活にはかなわないかもしれないが、夜型にもどうやらメリットがあったようだ。

スペインにあるマドリード・コンプルテンセ大学の研究者らが、10代の男女1000人を対象に調査を行った。まず、被験者たちの生活習慣や体内リズムを記録し、朝型派もしくは夜型派のどちらに属するか区別する。次に、その結果を彼らの学校の成績や問題解決能力、理解力などと比較し、両者の関係性を調べた。

・夜型派は一般知能が高い
結果、夜型派は朝型派に比べ、個々の具体的事例から一般的な法則を導き出す「帰納的推論能力」が高いことが判明。この帰納的推論能力は、一般知能における中心的な能力とされており、IQテストでも測定されている。つまり、「帰納的推論能力が高い夜型派のほうが、一般知能も優れている」と言えるとのこと。

・学校のテストでは朝型派が優位
だが、学校でのテストの成績を見ると、朝型派のほうが良い結果を残していることが明らかになった。これについて研究者らは、「テストを行う時間帯が、夜型派の生活に合っていないことが一因になっているのではないか」と考えているようだ。

・高収入で名声も高い職業に就きやすいのは夜型派
以上のように、朝型・夜型の両者にそれぞれの長所が確認されたが、将来的に高収入な仕事に就けるのは夜型派なのだという。なぜなら、夜型派は一般知能だけでなく、概念的考察力や分析力にも優れていた。これらは革新的な思考能力に大きく関連しているとされ、高収入で名声ある仕事の獲得へとつながりやすい傾向があるとのこと。

今回の研究はあくまでも学校での成績や個々の能力をもとに調べたものであり、健康面などは一切考慮されていない。そのため、一概にどちらのほうが良いと言うことはできないが、遅寝遅起きの生活を元に戻すことができずストレスを感じていた方にとっては、少しばかり気の休まる結果になったかもしれない。

参照元:Mail Online(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング