ありのまま今起こったことを話すぜ! ウクライナで寿司屋に入ったらハンバーガーを食べていた

ロケットニュース24 / 2013年4月11日 0時12分

ありのまま今起こったことを話すぜ! ウクライナで寿司屋に入ったらハンバーガーを食べていた

ウクライナの首都・キエフにはさまざまな国の料理がある。特に和食は人気のようで、なかでも『村神』(ムラカミ)という寿司屋が人気とのこと。事実、キエフの街を歩いていると『村神』の店舗をよく見かける。

・他のアジア国の料理とゴッチャ
ヨーロッパでは和食とタイ料理、和食と中華料理、和食と韓国料理など、他のアジア国の料理とゴッチャになった和食レストランが多数ある。スウェーデンでは「えっ? グリーンカレーって和食じゃなかったのか」と言う人までいたくらいである。ウクライナはどうなのか? ということで、今回は寿司屋『村神』に行ってみた。

・店内は非常にスタイリッシュ
『村神』はキエフのいたるところに支店があるため、目をつぶって歩いても『村神』に入ってしまうレベルである。店内は非常にスタイリッシュで未来的な内装をしているものの、ちゃんとカウンターの奥に板前がいて寿司を握っている。

・ハチマキをした板前さん
板前さんは金髪の白人男性で、年齢的に20代前半だろうか。そこそこのイケメンで日本人女性にモテそうな雰囲気をしている。ハチマキをしており、そこには日の丸とともに「日本」と書かれていた。

・メニューには謎の漢字
メニューを開くと「超短幻想」や「使」など、意味不明な漢字がデザインされていた。誤字なのか何なのか不明だが「超短幻想」を「超短幻相」と書いてある部分もあった。これはこれでおもしろいが、どうしてこの漢字を選んだのだろうか? まさかGoogle翻訳とかで表示された直訳の漢字を使ったとか……。ありえる!

・イカを推奨しすぎ
にぎり寿司の定番といえばマグロだが、メニューのいちばん上に、いちばん大きな写真で掲載されていたイチオシの寿司がイカだった。イ、イ、イカ(笑)。いや確かにイカも美味しいしバカにするつもりはないが、イカを推奨しすぎである。よし注文しようッ!

・ハンバーガーうますぎて笑った
さらにメニューを開くと、ピザやハンバーガーがあるではないか! 写真を見るかぎり、かなり本格的なピザやハンバーガーである。サイドメニューではなく、メインディッシュとしてのハンバーガーといった感じだ。よし注文だ。

・寿司は外国の寿司としては合格点
海外で寿司を食べるとガッカリすることが多いし、食べられたとしても「まあこんなもんだろうな」と感じるレベルのものばかりだが、『村神』の寿司は普通に美味しく食べることができた。味や質のレベルとしては、日本のオール1皿100円寿司より少し劣るくらいである。日本にはここよりもレベルが下の寿司屋がたくさんあるし、合格点といえよう。

・ハンバーガーうますぎて笑った
しかし、何よりも驚いたのがハンバーガーのクオリティの高さである。バンズが余計な湿度を保っており「最高品質で小麦の味を堪能できる状態」になっているのだ。表面は硬いものの完全にパリッとしておらず、噛むとブワッと崩壊し、パティ(ハンバーグ)と混ざりあってウマミを生成し、味覚神経にMAXレベルで感じさせるのである。『村神』のハンバーガーは、その名の通り「神」なハンバーガーである。まあ、ここ寿司屋なんだけどね(笑)。

・最後にビビらす「霊感」の文字
そして会計になり、伝票やレシートをはさむボードをもってきた店員さん。そのボードにも何か漢字が書かれているぞ!? よく見てみると……。えっ? もしかして「霊感」って書かれてる!? マジですか! こわいんですけど(笑)。

・ウクライナへの行き方
首都キエフまでの直行便がないため、パリやフランクフルト、ローマ、アムステルダムなどを経由して行くことになる。成田空港からはANAやアリタリア航空、ルフトハンザドイツ航空、その他多くの航空会社で移動可能。鉄道ではベルリンからワルシャワ経由、北京からモスクワ経由で行くことも可能である。2013年4月現在、日本国籍の場合ビザは必要ない。

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング