【激安】1週間パケット使い放題で約1500円 / タイなら海外旅行者向けSIMカードが便利

ロケットニュース24 / 2013年4月13日 4時8分

【激安】1週間パケット使い放題で約1500円 / タイなら海外旅行者向けSIMカードが便利

タイのバンコクでは、1週間(7日間)いくらパケット通信を利用しても上限なく使い続けることができる、海外旅行者向けSIMカードが売られている。その名も『ハッピーツーリズムSIM』

・パケット無制限&300円分の通話込み
実売価格は約500バーツ(約1500円)で、パケット無制限のほか、約100バーツ(約300円)分の通話料も込みとなっている。通常のSIMカードサイズで売られているが、たいていは店員が客のスマホやタブレットにあわせてSIMカードをカットし、セットまでしてくれるから安心だ。

・iPadで使用するのがベスト
300円分の通話料は無駄になるが、iPadやタブレットPCで使用するのがベスト。たとえばソフトバンクのiPadは海外でも使用できる「海外SIMロックフリー」なので、iPhone5のようにSIMロックがかかっていない。

・テザリングにも対応している
また、テザリングにも対応しているので、iPadから電波を飛ばして手持ちのiPhoneやスマホをiPadにつなげれば、複数の機器でインターネットを楽しむことができる。それもまた、このSIMカードがiPadに適している理由だ。

・ケースによってはドコモの海外パケ・ホーダイも便利
しかし、お店に行ったり、店員に説明したり、セッティングしてもらったり(自分でしたり)の手間を考えると、海外旅行初心者にとってちょっと億劫。ドコモの『海外パケ・ホーダイ』などのサービスを使ったほうが気楽ではある。日本キャリアの海外パケット使い放題サービスは、空港についてすぐネットにつなげられるのが強みだ。

・もちろんiPhone5でも使用可能
今回、筆者(私)はSIMロックフリーのiPhone5を持っていたのでそちらに『ハッピーツーリズムSIM』を入れて試してみた。場所によっては通信が不安定になるが、それは日本でも同じこと。さほどストレスになることはなかった。テザリングでiPadもインターネットにつながった。

・1週間ほど旅をする人にとっては便利
1週間ほど旅をする人にとっては便利だが、さらに長期間のバージョンもあるのでそちらもチェックしてみよう。また、賢い使い方として、次回に渡航するときのために『ハッピーツーリズムSIM』を買いだめしておくのも手だ(有効期間は発行から1年間)。

・タイへの行き方
ANA、タイ航空、JALなどが直行便を飛ばしている。飛行時間は6~7時間ほどで、夕方に成田空港から飛んで深夜に到着する便が多い。スワンナプーム 国際空港から都心部まではパブリックタクシーで約250バーツ(約750円)と手数料50バーツ(約150円)、バスなら約100バーツ(約300円)、鉄道なら各駅列車で45バーツ(約135円)である。

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング