【三十代女子の恋愛奮闘記】男の「嘘」に対する価値観 / 嘘をつかれたくない? それとも真実は隠して欲しい?

ロケットニュース24 / 2013年4月16日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】男の「嘘」に対する価値観 / 嘘をつかれたくない? それとも真実は隠して欲しい?

男女がお付き合いをするにあたっては、相性や価値観の合う・合わないが取り沙汰されますが、筆者は「嘘に対する価値観が合う人 = 相性が合う人」と考えます。恋愛での嘘に対する価値観は、大きく分けると二つ。絶対に嘘をついてほしくないタイプと、自分を傷つけるくらいなら完璧に嘘をつき通してほしいタイプです。

■絶対に嘘をついてほしくない! ポンパドゥール夫人タイプ
前者のほう、絶対に嘘をついてほしくないタイプの人は、自分に内緒で合コンに行かれたことも、会社の付き合いとはいえパイオツ(オッパイ)がカイデー(デッカイ)なチャンネー(ネーチャン)がいるセクキャバで豪遊したことも、自分のほかに虹(二次)嫁がいることも、全てオープンにしてほしいと望みます。

嘘をつかずにオープンにしてくれれば何をされてもいいわけではなく、出来れば合コンにもセクキャバにも行ってほしくないですし、虹嫁のフィギュアも処分してほしいというのが本音です。しかし、それ以上に耐えがたいのが嘘をつかれること。極論ですが、嘘をつかれるくらいなら「今週末は合コンに行ってくる」とか「セクキャバで乱痴気騒ぎしてきた」、「昨晩、虹嫁をオカズに抜いた」と開き直られたほうが気楽なのです。

かつてのフランス王、ルイ15世の愛人「ポンパドゥール夫人」もこのタイプでした。29歳の時に体を壊し、ベッドのお相手をすることが出来なくなった彼女は、自分の息のかかった若い女たちを王にあてがっていました。自分の目の届かぬところで新しい愛人を作られるよりマシ、という考えだったのでしょう。

■嘘をつくならつき通せ! 北条政子タイプ
これとは真逆なのが、自分を傷つけるくらいなら完璧に嘘をつき通してほしいタイプの女性たちです。彼女たちのモットーは、「バレなければ浮気ではない」のひと言に尽きます。合コンやセクキャバに行ったことも完璧に証拠隠滅、虹嫁がいることも一切気付かせなければ、何をなさっても構わないですよ、と達観しています。

自分のわからないところで何をされようと、彼女たちは全く気になりません。そのぶん、自分に対する愛情表現はきっちり求めますが。「もしかして他にオンナがいるんじゃないの?」と疑いたくなるような態度をとられるのが何よりも苦痛なのです。

ましてや、うっかり男性側がボロを出すと、烈火の如く怒ります。その姿は、まさに女傑・北条政子! 彼女の夫・源頼朝は、嫉妬深い政子を怖れて、他の女性との密通は極力隠れて行っていました。しかしある時、とある女性との密通に気付き、怒り狂った政子は、愛人邸を襲撃してぶっ壊すという暴挙に出たのです。

■タイプ別の相性
貴女がポンパドゥール夫人タイプの場合、相手男性がその性分をポジティブに捉えられる性格なら交際は上手くいくでしょう。「自分の行動をオープンにすれば、多少はハメを外してもいいのか!」と考える男子であればOK。反対に、「カノジョに隠れて遊ぶのがオトコの醍醐味!」という考えの男性とは相性が合うとはいえないですよね。

一方、貴女が北条政子タイプの場合、相手男性が頼朝のように、必死で隠そうとする性格なら交際は上手くいくでしょう。反対に、セクキャバ嬢の名刺をポケットに入れっぱなしにしておくようなうっかりな男性とは、相性が合わないでしょう。

まずは、自分がどちらのタイプなのか、冷静に分析してみましょう。そして、男性にも、ルイ15世タイプと頼朝タイプが存在することを頭の片隅に入れておきましょう。「相性が合わないかも」と思ったら、ポンパドゥールな貴女と頼朝なカレという組み合わせ、もしくは政子な貴女とルイ15世なカレという組み合わせなのかもしれません。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト: マミヤ狂四郎


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング