合法的に堂々と牛肉のユッケとレバ刺しを食べている人がいる / 実際に合法ユッケを食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年4月17日 12時0分

合法的に堂々と牛肉のユッケとレバ刺しを食べている人がいる / 実際に合法ユッケを食べてみた

規制により牛肉のユッケを食べられなくなって悲しんでいる人は多いと思います。しかし、健康や命を守るためにも、仕方のない規制といえるでしょう。しかし、合法的にユッケやレバ刺しを食べることができるのです。合法的にユッケを食べる方法とは?

それは、海外に行って和風焼肉店のユッケやレバ刺しを食べるという手です。海外は日本の規制の範囲外ですから、ユッケを食べることができます。特にタイの首都・バンコクには多くの和風焼肉店があり、多くの店でユッケやレバ刺しを提供しています。

しかもなかなか美味しいと評判とのこと。筆者(私)も実際にバンコクでユッケとレバ刺しを食べましたが、忘れかけていた新鮮な牛生肉のウマミが脳髄をガツーンと刺激します。ああ、こんなにも美味しかったなんて!

今回は『金太郎』という焼肉店に行きましたが、店員さんも親切なうえ、新鮮な生卵が盛られたユッケがとても美味しかったですよ。こんなに美味しいなら、バンコクにくるたびに食べたくなるのも理解できます。

バンコクでユッケを食べる。この行為はバンコクに住んでいる人の一部では普通の事になっているらしいです。ちょうど1年前にも女性向けニュースサイト『ポーチ』でバンコクのユッケが紹介されており、「日本では新基準によりユッケを提供する店が減ったけど「ある地域」では普通に売りまくり食べまくり」という記事が掲載されていました。

ただし、ユッケやレバ刺しにリスクがあることに変わりはありません。心配な人は食べるべきではありませんし、筆者も「オススメですよ!」と推奨することはできません。ただ、それでも食べている人がいるのは確かなのです。海外でのユッケリスク、あなたはどう考える?

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング