【レポート】SIMロックフリーの海外版『新しいiPad』が壊れたので日本のアップルで修理してもらった / 気になる修理費は?

ロケットニュース24 / 2013年4月25日 19時15分

【レポート】SIMロックフリーの海外版『新しいiPad』が壊れたので日本のアップルで修理してもらった / 気になる修理費は?

筆者(私)がハワイで購入したSIMロックフリーの『新しいiPad』(第3世代iPad / 32GB)。当時、電波のつながりにくさに不満があったためソフトバンクではなくドコモで『新しいiPad』を使用。現在もドコモで使用していたのだが、ついに故障してしまった。

・SIMカードを認識しなくなった
タイの水かけ祭りを取材中、『新しいiPad』が泥水に浸かってしまい、WiFiは接続できるものの、SIMカードを認識しなくなったのである。しかも液晶画面の内部に水滴が付着して非常に見にくい。ということで、修理をするため、日本のアップルストアに『新しいiPad』を持っていった。

・ほぼ予約した時間に案内
筆者がやってきたのは銀座アップルストア。あらかじめ予約しておき、時間ピッタリに行った。少々待たされたものの、ほぼ予約した時間に案内された。事情を話すと「SIMカードが壊れた可能性と本体が壊れた可能性がありますが、そのどちらも壊れているかもしれません」と言われた。

・『新しいiPad』をプログラム的にSIMフリーに
どちらにしても液晶画面がひどい状態だったので交換修理となった。日本ではSIMロックフリーの『新しいiPad』は売られていないが、ソフトバンクモバイル版の『新しいiPad』をプログラム的にSIMフリーにしたものがあり、それを交換修理品として渡してくれた。タイミングによっては北米版の在庫があることもあるという。

・日本の同製品と同額の修理費
気になる修理費は25800円(税込)。この価格は、日本で売られている32GBの4G対応『新しいiPad』の修理費と同額である。ちなみに、平日でもアップルストアは混むので、インターネット上から相談の予約をしておくのが無難である。

参照元: 銀座アップルストア
Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング