【芸能】女優・相武紗季さんがTwitterで苦悩を語る「つきまとったり 過剰に写真を撮りたいと頼み 断ると暴言をはく」

ロケットニュース24 / 2013年4月28日 6時46分

【芸能】女優・相武紗季さんがTwitterで苦悩を語る「つきまとったり 過剰に写真を撮りたいと頼み 断ると暴言をはく」

美人すぎる女優といえば相武紗季(あいぶさき)さんである。元気あり、美貌あり、知的センスありの彼女だが、最近は『吉野家』のCMやポスターで見かけたという人が多いのではないだろうか?

・苦悩をTwitterに書き込み
2013年4月現在、紗季さんは北米に留学している。しかし現地でトラブルが発生。そこでの苦悩をTwitterに書き込みし、彼女を心配する声が多数出ている。以下は、紗季さんが書き込みしたコメントである。

・紗季さんによるTwitterへの書き込み
「街中で何度か少し怖い思いをしました。いつもは気にしないけど、今日は3回。。皆さん日本人で、私をみつけて、つきまとったり、過剰に写真を撮りたいと頼み、断ると暴言をはきました。私に非があるかもしれない。だけど、海外で出会い、同じ生徒として仲良くしてくれてる方達と一緒の時だと、日本語が分からない友達は何が起きたのかわからないまま、とても怖がっていました。だから、これを読んだ方だけでいいから分かってください。話しかけてもらえるのは大歓迎! だけど少し心遣いをいただけると助かります。海外で大胆になることはいいことだけど。たまに常識のない大胆な行動をみると悲しいです」(引用ここまで)

・日本人からつきまとわられる
信じがたいことだが、北米で自分と同じ日本人からつきまとわられ、暴言を吐かれたりしたというのだ。それが一度くらいならば「仕方ない」と思ってあきらめることもできるかもしれないが、「いつもは気にしないけど今日は3回」とコメントしていることから、頻繁に発生していることがわかる。

・海外では恐ろしさも倍増
「つきまとい」は言葉を変えればストーカー行為ともいえる。そんなことをされたら日本でさえ恐ろしいのに、海外では恐ろしさも倍増だろう。モラルの面からしてもそのような行為は絶対にするべきではないし、有名人を見かけても相手の気持ちになって接するべきである。

・ファンを気遣う言葉も
それにしても紗季さんは非常に心が優しい。そんなことがあったにもかかわらず、相手を責めるだけではなく「私に非があるかもしれない」や「話しかけてもらえるのは大歓迎! だけど少し心遣いをいただけると助かります」と、ファンを気遣う言葉もコメントしている。彼女の今後の活躍に期待したい。

参照元: Twitter / ai_bu.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング