【検証】ニンテンドー3DSをモニターに大画面表示できる『偽トロキャプチャ』を試してみた / PSvita用も販売中

ロケットニュース24 / 2013年5月6日 17時15分

【検証】ニンテンドー3DSをモニターに大画面表示できる『偽トロキャプチャ』を試してみた / PSvita用も販売中

【検証】ニンテンドー3DSで遊んでいる皆さんは、「もっと大きな画面で遊んでみたい」と思われたことはないでしょうか? 持ち運びには適しているものの、じっくり遊ぶときには大きな画面で楽しみたいものです。

・検証のため実際に試してみた
『偽トロキャプチャ』はそれを可能にするとのこと。これは3DSのデジタル信号を取り込み、PCモニターに表示するというもの。2012年7月に発売された3DSLLでも利用可能とのことなので、検証のため実際に試してみた。

・DSの時代から存在する
偽トロキャプチャとは、汎用開発ボードを使ったハードウェアとソフトウェアの総称です。かなり以前から存在し、DSシリーズの時代から利用されてきました。DSは外部出力を持たないため、大画面でプレイすることができませんでした。そこで生まれたのが偽トロキャプチャです。

・3DSのキャプチャは不可能と見られていた
DSの外部出力は可能になったのですが、3DSの登場により新たな問題が発生しました。裸眼立体視が可能な3DS。これを外部出力することは不可能と思われていたのです。ところが3DSの発売から約一年を経て、株式会社ケイティ(けぃてぃ)が3DS用の『偽トロキャプチャ』の販売を開始したのでした。

・組み込み済みの商品も扱っている
ケイティに実際にオーダーしてみました。今回購入したのは、新品の3DSLL本体に『偽トロキャプチャ』キットを組み込み済みのものです。キットだけをオーダーして、基盤を自分ではんだ付けすることも可能のようです。技術系が不慣れな方は、キット組み込み済みのものをオーダーするとよいでしょう。ソフトウェアをインストールすれば、すぐにプレイできます。

・インストールが少々手間かな
専用のドライバーとビューアは、ケイティの公式サイトからダウンロードできます。ドライバーのインストールは手動で行わなければいけません。これが少々めんどうですが難しくはないです。

・ドライバー ソフトウェアのインストールの手順
1.同社HPからデバイスドライバーをダウンロード(ビューアにはシリアル番号があるので、現品を購入していない方は使用できません)
2.ドライバーを解凍。
3.3DS本体をUSBでパソコンに接続。「不明のデバイス」と認識されます。
4.デバイスマネージャーで「不明のデバイス」を右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」を行います。
5.すると、ドライバー ソフトウェアの検索方法について尋ねられるので、「コンピュータを参照してドライバー ソフトウェアの検索」を選びます(下段)。
6.続けて、「デバイスの種類」を尋ねられるので、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を選択します。
7.デバイスドライバーの選択で「ディスク使用」 → 「参照」をクリックし先ほどダウンロードしたフォルダから「Cyusb」というファイルを選びます。
8.この後に警告文「ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません」が表示されます。表示内容をよく読み、「インストールします」(下段)を選択。(※ あくまでも自己責任で)
9.以上でドライバー ソフトウェアの更新完了です。

・標準の画面表示なら、非常に見やすい
これで利用する準備が整いました。あとは、ビューアを起動後にシリアル番号を入力すると利用可能となります。実際に起動してみると、PCモニタに表示されたゲーム画面は非常に見やすいです。鮮明といっても遜色のないレベルで、モニタ表示されます。

・全画面表示だとやや粗くなる
全画面表示でプレイすることも可能です。できるだけ大きな画面でプレイを楽しみたいところですが、全画面表示にすると画質が粗くなります。モニタから離れてプレイするとちょうどよい感じでしょうか。「等倍調整」の2倍くらいで表示すると、画質的にもちょうどよいようです。

・3D表示はどうなのか?
なお、3DS本体を3D(立体視)にしても、表示するモニタが3D対応していなければ、モニタ画面は立体的に見えません(アナグリフモードでは可能のようです)。このあたり、今後さらに検証を進めたいと思います。

・PSvita用ビデオキャプチャーボード
ちなみに、PSvitaの画面をモニタやテレビに映すことができる『PSvita用ビデオキャプチャーボード 偽トロ』も開発され、販売しているようです。こちらは実際に検証していないので詳細は分かりませんが、情報サイト等でチェックしてみてはいかがでしょうか? この記事はあくまで検証記事であり、ためしてみたいという方は、あくまでも自己責任で判断してください。

参照元: 偽トロキャプチャ情報サイト
検証:フードクイーン佐藤


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング