オークションで落札された約44億円の絵画が超シンプル/真っ青なキャンバスに白い線が1本

ロケットニュース24 / 2013年6月3日 0時0分

オークションで落札された約44億円の絵画が超シンプル/真っ青なキャンバスに白い線が1本

アメリカ抽象絵画の巨匠、バーネット・ニューマンの作品が4380万ドル(約44億円)で落札されました。その作品が予想外のシンプルさだとインターネットユーザーの注目を集めています。とんでもない大金で落札された作品、なのに超絶シンプルというギャップに驚きを隠せない人が多いみたい。

話題になっているのは、バーネット・ニューマンの1953年の作品「Onement Vi」。世界最古の美術品オークションハウス・サザビーズで、これまでで最高額の4380万ドルで落札されました。

どんな作品かというと、縦約2m55cm×横約3mのキャンバスは、一面が真っ青。そして、中央に白い線が1本入っています。た、確かに、限りなくシンプル……。このニュースに対して、Twitterユーザーらは次のようにコメントしています。

「この絵が……44億円……」
「なんか頭がクラクラしてくるね」
「あー分かるわーこりゃ44億するわー」
「ゲージュツはほんとに理解不能だわ」
「芸術はわからんな」
「芸術って難しいな」
「芸術マジ分からん」
「かけそう」

この作品は、「Onment(ワンメント)」というシリーズのひとつ。縦の白い線は「Zip(ジップ)」と呼ばれるもので、バーネット・ニューマン独特のスタイルだそう。平面のキャンバスながら左右に開かれているドアのようにも見え、究極的には「芸術とは何か」を問いかけているといいます。どんなものに心を打たれるか、人それぞれですからね♪

寄稿:Pouch
参照元:bloomberg.com(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング