あなたはどっち派!? ペーパータオル vs ハンドドライヤー / 衛生面ではペーパータオルのほうが優れていると判明

ロケットニュース24 / 2013年6月7日 15時0分

あなたはどっち派!? ペーパータオル vs ハンドドライヤー / 衛生面ではペーパータオルのほうが優れていると判明

使い捨てのペーパータオルかハンドドライヤーか。公衆トイレを利用した際に、もしもこの両方が設置されていたら、あなたはどちらを使用するだろうか。どちらを選んでも、それぞれに選択した理由があるだろうが、衛生面の観点から言えばペーパータオルを使用したほうが良いそうだ。

・ペーパータオル vs ハンドドライヤー
豪クイーンズランド工科大学のツンルイ・ホァン博士は、過去の複数の研究結果をもとに、ペーパータオルとハンドドライヤーのどちらがより衛生的なのかを調査した。その結果、博士は「ペーパータオルのほうが衛生面において優れている」と結論付けた。

・速く乾かすことが重要
博士がこう主張する理由のひとつは、乾くまでの速さにあるという。「細菌は、乾燥している場所よりも湿っている場所のほうが繁殖しやすいのです。そのため、手を清潔に保つには、ただ手洗いをするだけでなく、きちんと乾かすことが重要なのです」とのこと。

・ペーパータオルのほうが速く乾く
実際にどちらのほうが速く手を乾かすことができるのか調べたところ、圧倒的にペーパータオルのほうが速かったそうだ。ペーパータオルの場合、使用してから10秒後には96パーセント、15秒後には99パーセントまで手を乾かすことができていたという。

・ハンドドライヤーだと時間がかかりすぎる
一方、ハンドドライヤーでは、完全に乾くまでに45秒かかったとのこと。だが調査では、人々がハンドドライヤーを使用する時間は1回の手洗いにつき13~17秒ほどであることが判明。つまり、完全に乾かさずに済ませてしまう人がほとんどなのだ。

・ペーパータオルなら細菌も除去できる
さらに、細菌除去という点でもペーパータオルのほうが優れているという。博士によると、「紙で手を拭くという動作自体が、手洗いだけでは落としきれなかった細菌を取り除くことに役立っています」とのこと。

・ハンドドライヤーは細菌をまき散らす
対照的に、ハンドドライヤーを使うと手に残った細菌をまき散らすことになるという。しかもその時、公衆トイレ内の空気中に存在する細菌までもまき散らしてしまうそうだ。その結果、手だけでなく全身に菌が付着することになる。

これらの理由から博士は、手洗い後にはペーパータオルを使用することを推奨している。もしも今度、公衆トイレでペーパータオルとハンドドライヤーの両方を見かけたときは、今回の研究結果を参考にしてみてはいかがだろうか。

参照元:Mail Online(英文)
photo: Rocketnews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング