【感動映像】耳の不自由な3歳の少年が初めて父親の声を聞いた瞬間に見せた表情

ロケットニュース24 / 2013年6月26日 9時0分

ある動画が世界中で感動を呼び、話題になっている。その動画とは、生まれつき耳が不自由な3歳の少年が、初めて父親の声を聞いた瞬間を映し出したものだ。

グレイソン・クランプくんは、生まれつき内耳に蝸牛(かぎゅう)神経がなく、3年間まったく音のない世界で生きてきた。彼が聴覚脳幹手術を受け、生まれて初めて父親の声を感じたのである。その瞬間は動画「Grayson hears his father’s voice for the first time」に収められている。

父親がグレイソンくんの背中をやさしくたたきながら、歌うように節をつけて「Daddy loves you(パパはお前を愛してるよ)」と呼びかけたとき、彼の表情に大きな変化が起こるのだ。

父親の呼びかけに気づいた瞬間、大きく目を見開き、「ハッ」と息を飲むグレイソンくん。「これが!」と言わんばかりに人差し指を突き立て、驚きの表情のまま身ぶり手ぶりで両親に「声が聞こえた」ことを伝えるのだ。彼は、自分の口元を数回たたいたあと、ふたたび人差し指を突きたて、母親に向かってグイっと突き出す。

そのときの、グレイソンくんのなんとも感慨深げな表情! 心の底から「よかったね! もう本当によかったね!!!!」と思わずにはいられない。

なお、グレイソンくんはアメリカで初めて聴覚脳幹手術を受けた子どもとなる。現在は、彼の両親に助けられながら音を聞き分けているようだ。

グレイソンくんの反応や表情を見ていると、こちらまで心が洗われるような気持ちになる。みなさんもぜひ動画を見て、彼が初めて音に触れた瞬間を確認してみてほしい。

参照元:Mashable(英文)、YouTube


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング