【動画】命綱ナシで高さ457mのグランドキャニオンの綱渡りにチャレンジした男が話題に!

ロケットニュース24 / 2013年6月27日 14時0分

あるとんでもない偉業にチャレンジし、成功させた男の動画が話題になっている。その偉業とはズバリ、 “グランド・キャニオンで綱渡り” ! しかも命綱ナシというから驚きである。

この一見無謀にも思えるチャレンジを行ったのはニック・ワレンダさん。彼が見事に綱の上を渡りきりゴールへ飛び込む瞬間は動画「Final Moments of Nik Wallenda’s Historic Walk | Skywire Live」で確認できる。

・東京タワーより100メートル以上高い!
舞台となったグランド・キャニオンは、アメリカ西部にある有名な峡谷だ。古くから観光地として知られ、世界遺産にも登録されている。動画を見れば分かるとおり、ワイルド感あふれまくる天然の崖でできた谷である。

ワレンダさんは今回、崖に張られた約400メートルの長さの綱を渡った。その高さは、なななんと457メートル! ちなみに東京タワーは333メートル、通天閣は避雷針込みで103メートルであることから、どれほどの高さか想像してほしい。

・実は曲芸の名家の生まれ
動画にはワレンダさんが綱の上で片ひざをつくシーンや、ゴールを目前にして小走りで進むシーンが映し出されている。冒頭でもお伝えしたが、この挑戦は “命綱ナシ” で行われているため、見ているほうもハラハラドキドキが止まらない。

彼は絶えず大声で祈りの言葉を口にしながら、用心深く前に進んだという。そして22分54秒かけて見事に綱を渡りきり、バランス棒を放り出して地面にキス! 拍手と歓声がわき起こった。なお、ワレンダさんは7代にわたる曲芸師一家の家系で、もちろん本人もプロの曲芸師であるとのことだ。

最後にもう一度言うが、今回は “命綱ナシ” の挑戦である! 曲芸界のサラブレットとも言えるワレンダさんだからこそ成しえた偉業と言えるだろう。良い子は絶対にマネしないように!

参照元:Mashable(英文)、YouTube


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング