【尼崎市あるある】生まれも育ちも尼崎だからこそわかる! 尼崎あるある7つ

ロケットニュース24 / 2013年7月8日 22時0分

【尼崎市あるある】生まれも育ちも尼崎だからこそわかる! 尼崎あるある7つ

約45万の人口を抱えるビッグシティー、尼崎市。お笑いコンビ・ダウンタウンの二人を輩出した街として知られている。そんな尼崎市に生まれ育ったからこそ分かる「あるある」を7つご紹介したいと思う。

・尼崎出身者がいつも感じている「あるある」
ちなみに今回の「あるある」は、東京在住の尼崎出身者と、生粋の尼崎人に話を聞いてまとめたものである。尼崎市になじみがある人なら「あるある」と感じるものがあるかもしれない?

1. 関西以外の人からは大阪府だと思われている
市外局番が大阪と同じ06であるせいか、兵庫県ではなく大阪府の一部と思われていることが多い。特に、関東以北の人には「大阪ではない可能性」を1ミリも疑われていないフシがある。

2. 「ダウンタウンの出生地」というだけで笑いのハードルを上げられる
関西圏の外で「尼崎出身です」と明かすと高確率でロクなことにならない。「へ~、じゃあ○○さんは面白いんだねっ」、「なんか面白いこと言って~!」などと人権に抵触するような無茶振りをされることも多々である。なお関西人からの扱いは「自分、アマか!」。

3. 交通的にはメッチャ便利でオイシイ土地だという自負がある
尼崎自体は完全な下町である。オシャレのオの字もなければ都会的なビジネス街でもない。しかし、JR尼崎駅~JR大阪駅間はわずか6分! どやっ!! ついでに神戸随一のオシャレ街・JR三ノ宮駅へもたったの15分で行けんねん。いやー、まいるわー。便利すぎてゴメンやでホンマ。

4. JR尼崎駅と阪神尼崎駅はけっこう離れていて歩くと遠い
立地的にはメッチャ便利な市だが、JR尼崎駅と阪神尼崎駅間はバスで15分ほどの距離がある。はっきり言って歩きで移動するにはムリがあるほど遠い。ちなみに阪急尼崎駅は存在しない。

5. 阪急塚口駅の「さんさんタウン」
尼崎市内にある阪急塚口駅といえば「さんさんタウン」。さんさんタウンといえば屋上遊園地。この屋上遊園地の今はなき観覧車を懐かしむオッサン、または中年女子は多いんとちゃうかな。

6. これと言って有名な観光地は特にない
尼崎市の名前は知っているが訪れたことがない、という人もいるだろう。その原因はズバリこれ、特に見るべきものがないのである。お隣の西宮市には甲子園球場があんねんけど、あれ、ウチとこにくれへんやろか。

7. 何かと重いニュースが報じられることを気にしている
2005年、多数の犠牲者がでたJR福知山線の脱線事故が起こった。2012年には全国のお茶の間を恐怖に陥れた連続猟奇殺人事件の舞台となり一部では「尼崎事件」と呼ばれている。そのため住人は、「尼崎」という言葉に不穏なイメージをもたれているのではないかと気にしている。

ほかにも「公共福祉がやたら充実している」「首都圏で言うところの川崎市っぽい」「尼崎市非公認のゆるキャラ “ちっちゃいおっさん” は微妙にスベってる」などのあるあるがあった。ちなみにNHK Eテレの大人気アニメ「忍たま乱太郎」の作者である尼子騒兵衛(あまこそうべえ)氏のペンネームは、氏の出身地である尼崎にあやかってつけられたものである。エキゾチックでミステリアスな下町、尼崎に皆さんも訪れてみてはいかがだろうか?

執筆:黒井


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング