ゲーム開発者が発売まで2カ月切ってもPRしないゲーム会社に不安 / 人気漫画家「2ヶ月前から宣伝は無意味! バカすぎ! 1週間前で十分」

ロケットニュース24 / 2013年7月17日 9時0分

ゲーム開発者が発売まで2カ月切ってもPRしないゲーム会社に不安 / 人気漫画家「2ヶ月前から宣伝は無意味! バカすぎ! 1週間前で十分」

プラチナゲームズのゲーム開発者として有名な神谷英樹さん。彼は『大神』や『ベヨネッタ』、『ビューティフル ジョー』などの人気作を手がけ、多くのゲームファンたちを楽しませてきた人物だ。そんな彼が、インターネットコミュニケーションサービス『Twitter』で、次のようにコメントした。

・神谷さんのコメント
「つーか発売まで2か月切った…んだっけ…? 雑誌展開とかもなんもないけど大丈夫なんでしょうか…ウドンテンニ様…」(引用ここまで)。

・販売は別のゲーム会社
神谷さんの会社がゲーム開発をし、販売は別のゲーム会社がするようなのだが、そのゲーム会社が発売まで2カ月を切ったのに、ゲームのPRをしていないらしいのだ。

・反対意見のピョコタン先生
そのコメントにかみついたのが、人気漫画家のピョコタン先生だ。ピョコタン先生は2カ月前からゲームのPRしても無意味と思っているようで、以下のように Twitter でコメントしている。

・ピョコタン先生のコメント
「発売2ヶ月も前からCMしまくったって無意味! バカすぎ! 発売1週間前に集中的にやれば十分! そこはプロに任せときゃいいんだよ!」(引用ここまで)

・余談だが『THE WONDERFUL 101』
ちなみに、神谷さんが開発に携わったゲーム『THE WONDERFUL 101』が、2013年8月24日に発売される。開発はプラチナゲームズだが、販売は任天堂がする。ハードはもちろん『WiiU』で、ダウンロード版も販売される予定だ。

参照元: Twitter @Pyocotan.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング