既婚女性の6人に1人が浮気しているという調査結果 / 過去20年間で既婚女性の浮気率が40%もアップ

ロケットニュース24 / 2013年7月19日 14時0分

既婚女性の6人に1人が浮気しているという調査結果 / 過去20年間で既婚女性の浮気率が40%もアップ

今まで “浮気は男がするもの” と一般的に思われてきた。しかし今の時代に「浮気は男の甲斐性」などという言葉は、もう古いのかもしれない。ここ最近、既婚女性の浮気率がうなぎ上り状態なのだという。既婚男性のみなさんは、奥様を大事にしないと痛い目にあうかもしれない。

・既婚女性の6人に1人が浮気
アメリカの国論調査センターが行ったアンケートの結果、ここ20年で既婚女性の浮気率が40パーセントもアップしたことが明らかになった。なんと6人に1人が浮気している計算になる。一方で男性の浮気率は、ほぼ21パーセントで横ばい状態を保っていて変化は見られない。

・女性の経済的な自立が大きな理由
米ワシントン大学の社会学者ペッパー・シュワルツによると、その理由は「仕事をする女性が増え、収入とチャンスが多くなったことが大きな理由です。女性が社会進出することで、もっと魅力的な男性と出会う機会が増えたと言えます」とのこと。女性の経済的自立が浮気に拍車をかけているのだ。

・調査に対するアメリカ人女性の声
この調査結果に対する、米国のユーザーの声を紹介しよう。

「男は今までずっと浮気してきたんだから、女が浮気したっていいじゃない。昔みたいに離婚しても肩身が狭い思いをしなくて済むしね」
「昔みたいに、道徳観や結婚に対する義務感がなくなってきたのよ」
「女は男の地位や収入目当てで結婚するの。旦那に魅力を感じて結婚するわけじゃないから、旦那に飽きたら浮気するのよ」
「社会に出て、男と同じことをし始めただけ」
「共働きでストレスも増えて、女性も発散させる場所が必要になったのよ」
「女性も経済的に自立して、旦那の給料に頼らなくてもよくなったからだわ。30、40年前とは話が違うのよ」

と、かなり言い訳じみているが肯定的な意見が女性側から寄せられている。

日本でも離婚率が増えているだけに、同じような背景があるのかもしれない。しかし結婚したからには、浮気や心移りなどない幸せな結婚を維持してほしいものだ。

参照元:Huffingtonpost(英文)
執筆:Nekolas
photo:RocketNews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング