【女子力UPマニュアル】おっさん飼育女子の実態に迫ってみた「おっさんを飼育するメリットはないですよ(笑)」

ロケットニュース24 / 2013年7月23日 6時0分

【女子力UPマニュアル】おっさん飼育女子の実態に迫ってみた「おっさんを飼育するメリットはないですよ(笑)」

女子力アップに励んでおられる女子のみなさん、こんにちは。今回は、そろそろ流行の兆しが見え始めた “おっさん飼育女子” をご紹介しようと思います。“おっさん飼育女子” というのは、その名のとおり「おっさん」を飼育している女性のことです。「おっさん」の定義はさまざまですが、この場合は女性の年齢よりも15歳以上年上の男性のことを指します。

・「おっさん」を飼育しているOL
「おっさん」を飼育することの魅力とは、どういうものなのでしょうか。実際に、「おっさん」を飼育しているという、オフィスレディーの夢枕立子さん(仮名・25歳)にお話をうかがいました。

・飼育しているおっさんは20歳年上の45歳
記者 ―― はじめまして。早速ですが、夢枕さんは “おっさん飼育女子” ということで間違いありませんか?
夢枕立子さん(以下、Y) ―― はい、私は “おっさん飼育女子” と呼ばれる部類の女子です。確かに、おっさんを飼育していますので。
記者 ―― なるほど、では夢枕さんが飼育しているおっさんについて教えてください。
Y ―― はい、私が飼育しているおっさんは45歳の申年、てんびん座、A型です。あんまり詳しく言うとバレてしまうので(笑)。とにかく、おっさんですね。

・おっさんを6畳一間の1Rで飼育している
記者 ―― 具体的に、おっさんを飼育するというのはどういうことなのでしょうか?
Y ―― はい、私は6畳一間の1Rに住んでいますが、そこでおっさんを飼育しています。約1年前、最寄駅のホームで出会い、そのまま連れて帰ってきちゃったんです。家賃、光熱費、食費など、すべて私が負担しています。映画を観るとき、外食するときなど、おっさんと行動するときの費用もすべて私が負担しています。
記者 ―― そのおっさんは、無職なのでしょうか?
Y ―― おっさんは自称・映画監督なのですが、映画の撮影をしているところなんて見たことがありません(笑)。ダンボール箱を机代わりにして、だいたいパソコンでインターネットサーフィンをしていますね。

・貧乏、水虫、EDと3拍子揃っているおっさん
記者 ―― 話だけ聞くと、おっさんを飼育するメリットはないように感じますが。
Y ―― はい、メリットはまったくありません(笑)。私が飼育しているおっさんは、貧乏、水虫、ED(勃起不全)と3拍子揃っていて、究極のおっさんを飼育している状態です。

・自我が芽生え始めたら新しいおっさんにチェンジ
記者 ―― では、失礼ですが、どうしてそのおっさんを飼育されているのでしょうか?
Y ―― そうですねぇ~……。私にとてもよくなついていて、どんなことでも私の思うとおりになるし、すごくラクなんですよ。ただ先日、突然「そうめんが食べたい」と言いだしまして、あ、そろそろ自我が芽生えてきたかなって。新しいおっさんにチェンジしようかなって考えているところです。
記者 ―― おっさんを捨てることに罪悪感はありませんか?
Y ―― いや、45歳のおっさんですからね(笑)。
記者 ―― ありがとうございました。

・自分の状況を客観的に見ている
メリットはないと感じながらも、ラクだからと「おっさん」を飼育する “おっさん飼育女子” ですが、「いやいや、おっさんでしょ(笑)」と自分の状況を客観的に見ているようです。女子力アップのために「おっさん」を飼育する場合は、デメリットも考えつつ行った方がよさそうです。

Photo&Report: アンドロイドかなこ
寄稿: Pouch


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング