中国の地下鉄がカオスすぎ! 生きるか死ぬかの戦場状態だと話題に

ロケットニュース24 / 2013年7月25日 7時0分

中国の地下鉄がカオスすぎ! 生きるか死ぬかの戦場状態だと話題に

毎日の通勤・通学電車。都心部の朝のラッシュは人が多すぎて本当に辛い。しかし、日本のラッシュなんて可愛いものかも……と思ってしまう動画が話題となっている。

その動画の舞台は、世界一の人口を抱える国・中国。北京市の地下鉄の駅ではもう地面も見えないくらい人・人・人!!!! もはや地獄、もはや戦場状態なのだ!

動画に映し出されている駅は、北京市を走る地下鉄13号線・西二旗(せいじき)駅。2013年7月18日の朝の7時30分頃に撮影されたものだという。

西二旗駅は13号線と昌平線の乗り換え駅であるため、毎朝大変混雑しているとのこと。だがしかし、だがしかしっ!! この混雑ぶりは何なんだ!? ひしめく人の頭でホームは真っ黒。地面が見えないレベルである。

電車が来る直前までは人々は一応整列をしている。だが、ひとたび電車がホームに入ると、ジワリジワリと列からはみでていた人が前に押し寄せ、並んでいた人の背中に緊張が走る。

そしてドアから人がブリブリと吐き出されると、われ先にと人が流れ込む。抜かすか抜かされるか、乗るか乗れないか、間に合うか間に合わないか、ホームに落ちるか落ちないか、生きるか死ぬかーッ!? 静かではあるが、一瞬たりとも気を抜くことはできない。ここはまさに戦場なのだ!

この状況には中国のネットユーザーもビックリ! 動画には以下のようなコメントが寄せられていた。

「マジかよ!?」
「西二旗駅は毎朝こんなもん。ウソだと思うなら自分で見にきて」
「北京怖すぎ!!」
「上海もこんなものだよ」
「広州はこんなに混まないな」
「ホームに柵をつけたほうがいいのでは……」
「気を抜いたら死んじゃいそう」
「これじゃ降りる方も大変だ」
「大都市ならではの病気」
「みんな田舎に帰っておいでよ!」
「通勤が地下鉄じゃなくてよかった……!」

これも多すぎる人口のせいなのだろうか。毎朝、こんな状況で通勤・通学をしていたらもうそれだけでヘトヘトになりそうだ。やはり、それでも元気な中国人のパワーは底なしなのかもしれない。

参照元: Youku(中国語)
執筆:沢井メグ


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング