巨大睾丸男子は要注意! 大きな睾丸だと心臓病になりやすいことが判明 / 高血圧・肥満・酒飲みの傾向

ロケットニュース24 / 2013年8月4日 21時0分

巨大睾丸男子は要注意! 大きな睾丸だと心臓病になりやすいことが判明 / 高血圧・肥満・酒飲みの傾向

睾丸の大きさは、しばしば生殖能力の高さと関連付けられるがそれだけではなかったようだ。最新の研究によると、睾丸が大きい人ほど心臓病になる可能性が高いことが判明したという。さらに、そのような男性には、高血圧・肥満・酒飲みなどの特徴もあることがわかったそうだ。

・睾丸サイズと健康との関係性について調査を実施
伊フィレンツェ大学の研究チームが、7年間におよぶ調査を行い明らかにした。研究チームは、何らかの性機能障害により医者にかかっている男性患者2809人のデータを調べ、彼らの睾丸サイズも測定。その後、7年間かけて被験者たちの健康状態を記録し続けた。

・睾丸が大きいと心臓病になりやすい
結果、睾丸のサイズが大きい人ほど、心臓病を患いやすいことが判明した。また、そのような男性は高血圧で肥満傾向にあり、酒飲みである人が多かったという。

・睾丸が大きいと黄体形成ホルモンの値も高い
さらに、睾丸が大きい男性は「黄体形成ホルモン」の値も高いことが明らかになった。黄体形成ホルモンは、睾丸の細胞を刺激して男性ホルモンの分泌を促す役目を担っている。研究チームは、「この黄体形成ホルモンが心臓になんらかの悪影響を及ぼしている可能性がある」と指摘している。

・大きい睾丸がもたらすものは良いことばかりではない
今回の結果には、研究者らも少々驚いているようだ。「これまでは、睾丸が大きいと生殖能力も高いと考えられ、どちらかというと良いイメージがありました。しかし、今回の研究で、大きい睾丸は健康に悪影響を及ぼし得ることもわかったのです」と、研究者のひとりは語っている。

・将来的には睾丸の大きさを見れば病気の早期発見も可能かもしれない
現時点では、睾丸のサイズが及ぼす影響についてわかっていないことが多い。また、今回は性機能障害を患った患者のみが対象となっていることもあり、今後のさらなる研究が不可欠とのこと。だが、徐々に新たな事実が明らかになってくれば、将来的には睾丸の大きさで健康状態を予測し、特定の病気を早期発見できるようになるかもしれないという。

・どれくらいだと大きいのかについては不明
ただし、ひとつ重要なことは、「大きい睾丸」というのが実際のところどれくらいのサイズなのか、研究チームは明らかにしていないという点だ。今後は、「どれくらいだと大きいのか」についてもはっきりさせてくれることを期待したい。

参照元:Mail Online(英文)
Photo:Rocketnews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング