【衝撃サッカー動画】中村俊輔選手の計算しつくされたスルーパスが天才的でスゴすぎると話題

ロケットニュース24 / 2013年8月8日 7時0分

日本が世界に誇るファンタジスタといえば、横浜F・マリノス所属の中村俊輔選手だ。6月に35歳を迎えたシュンスケだが、そのプレーは衰えを見せるどころか円熟味を増し、さらに上手くなっているようにさえ感じる。

そんな中、8月3日に行われたJ1第19節の試合でシュンスケが見せたスルーパスがスゴすぎると話題になっている。今回は、そのプレーを動画「2013 J1 第19節 湘南ベルマーレ 1-2 横浜F・マリノス 03/08/2013」と合わせてご紹介したい。

・湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス
動画は、降格圏を抜け出したい15位湘南ベルマーレと優勝へ向けて負けられない3位横浜F・マリノスの一戦だ。シーズンを折り返し、お互いの進退がかかった大事な試合に、シュンスケはトップ下の司令塔として出場した。

・攻撃の起点となるシュンスケ
前半9分、シュンスケのフリーキックを起点に横浜に得点が生まれる。競ったこぼれ球が中町選手からマルキーニョス選手へと繋がりネットを揺らす。後半12分、湘南に同点とされるが、シュンスケはその正確無比な左足から決定機を何度も作り出すぞ!

・天才的スルーパス
そして話題になっているスルーパスが炸裂するのは、「2:14〜」のシーンだ。シュンスケは4人のDFに囲まれつつも、瞬時にマルキーニョス選手の位置を把握し、走り込んでくるスピードを殺させないピンポイントスルーパスを出すのだが……

そのパスコースがとにかく常人離れしているのだ! 「そこ……?」と一瞬思ってしまうコースは、天才にしか見えないものだろうか。意思疎通のレベルの高さにも驚かされるが、それ以上にすべてを計算しつくされたパスがスゴすぎる!

・試合は横浜の勝利
このシュンスケのプレーからPKを得た横浜。マルキーニョス選手が湘南GKアレックス・サンターナ選手のダンスステップに惑わされず、落ち着いて決めて湘南を突き放した。そして試合はそのまま終了し、1ー2で横浜が勝利した。

・松田直樹さんの命日
8月4日は元チームメートの松田直樹さんの三回忌を迎える命日。この日は全員が喪章をつけてプレーし、絶対に負けられない戦いだった。かつての盟友であるシュンスケにとって、さらに特別な一戦だったに違いない。

ちなみに横浜はこの勝利で湘南戦9連勝。またJ1通算350勝とする区切りの勝利で順位も2位に浮上した。シュンスケが2010年にJリーグに復帰し、8位 → 5位 → 4位と年々順位を上げている横浜。今季、さらに上を行くのは間違いなし!?

参照元:YouTube
執筆:原田たかし


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング