【衝撃サッカー動画】独マインツに移籍した日本代表FW岡崎慎司選手が開幕戦で古巣相手に決めたゴールが一級品だと話題

ロケットニュース24 / 2013年8月13日 16時0分

ブラジルW杯まであと1年を切り、選手はそのピッチに立つためにも所属チーム内で定位置を確保しなければならない。それはコンスタントに試合に出場しなければ、最終選考メンバー漏れをする可能性があるからだ。もちろん、海外組も例外ではない。

そんな中、ドイツ1部リーグ「マインツ(1.FSVマインツ05)」に移籍をした岡崎慎司選手が、新天地でのレギュラーをたぐり寄せる美しいゴールを決めたと話題になっている。今回は、その様子を動画「岡崎慎司 開幕戦ゴール!マインツvsシュツットガルト Shinji Okazaki」と共にご紹介したい。

・今季からマインツに移籍した岡崎選手
岡崎選手がドイツに渡り、はや3年が経つ。日本代表では不動のレギュラーとして、66試合35ゴールと結果を残してきた彼だが、昨季は所属のシュツットガルトで、リーグ戦25試合1得点と絶不調。途中交代での出場が増え、思うような結果を残すことができなくなっていった。

「シュツットガルトのユニフォームの下に、(点を取っている)日本代表のユニフォームを着てプレーしろ」と揶揄されるほど、本来のプレーができず、もがき苦しんだ岡崎選手。マインツでのポジション争いは当然しなければならないが、監督から評価されていたこともあり、移籍に踏み切った。W杯のことを考えると、新天地に活躍の場を求めたのは必然だったか。

・古巣相手に一級品の開幕弾
8月9日、独ブンデスリーガは他の欧州リーグに先駆けて、2013ー14シーズンが開幕した。マインツの開幕戦の相手は岡崎選手の古巣・シュツットガルト。11日に行われた試合に岡崎選手は左サイドのミッドフィルダーとして先発出場した。

そして後半20分に岡崎選手のゴールが生まれた。相手DFラインをギリギリで抜け出した岡崎選手は、ポスピェフ選手からのクロスを足に吸い付くようなトラップでボールを収めると、冷静にDFの股を抜いてシュート! ネットに突き刺し、貴重な勝ち越し点を奪った。

・攻守に奮闘する大活躍
ゴールだけではなく、持ち前のスタミナを生かしたしつこいディフェンスで終止プレッシャーをかけ続けた岡崎選手。また、キーパーの頭上を越えたボールをポストギリギリでクリアしたりと、攻守に大きく活躍した。

・岡崎選手のゴールに対するネットユーザーの反応

「普通に上手過ぎて発狂した。」
「岡崎、めずらしく落ち着いてたな・・・ いいゴールだ。」
「岡崎のゴールシーン… トラップ上手すぎ、シュート上手すぎ…」
「コンフェデの活躍はまぐれでないことが証明できたかな」
「ザキオカのプレースタイルがマインツにピッタリだわ。」
「岡崎にあんな器用な股抜きができるとは知らなかった。マインツ移籍は成功だったかな?」

などなど。岡崎選手のゴールが素晴らしかったことに加え、新天地での活躍を期待する声が多かった。

ちなみに試合は3ー2でマインツが勝利。岡崎選手はフル出場し、チームの勝利に貢献した。ドイツでの4シーズン目をこれ以上ない形でスタートできた岡崎選手。今季は多くのゴールを決めてくれることを期待したい。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング