【ビール好きに朗報】ビールに含まれるプリン体はほんのわずかだからね! 納豆の30分の1ぐらいだから!

ロケットニュース24 / 2013年8月29日 0時0分

【ビール好きに朗報】ビールに含まれるプリン体はほんのわずかだからね! 納豆の30分の1ぐらいだから!

夏にゴクゴクッ! と飲むとメチャ美味しいお酒といえば、やっぱりビール!! でも「俺痛風になりそうでプリン体控えてるんだよなー」とかいう人、けっこういるんじゃないですか?

でも、それちょっとおかしいからー! この前一緒に飲んだビール通の人が「ビールに含まれているプリン体なんてカスみたいなもんだよ!」って言ってたから調べたら、マジだったんです(笑)。

・ビールには100mlで3~6mgぐらいのプリン体
痛風・高尿酸血症及び関連疾病についての研究助成を行っている公益財団法人・痛風財団のホームページに書かれていた、ビールに含まれているプリン体の量一覧を見ると『A社 SD 3.3』(おそらくスー○ード○イ?)がもっとも低く、多いものでも『E社 6.9』(不明)と、かなり低い数値になっていた。SDなら350mlの缶ビール1本で11mg ぐらいである。

・他の食品を見てみる
では、ほかの食品にはどれぐらいプリン体が含まれているのだろうか!? たとえば100gあたりの量を見てみると納豆は113.9mg、鳥レバーは312.2mg、牛モモ肉は110.8mgと段違いの量だから! 牛モモ肉のステーキ100グラム食ったら、ビール3.5リッター飲むのと同じぐらいのプリン体摂取してて笑った(笑)。

・適度な飲酒と食事量を心がけたい
えっ、ビールにプリン体ってあんま含まれてないのか! じゃあ飲みまくるぜ! といきたいが、飲みすぎはもちろん体に毒。ビールは食欲も増進するのでツマミもパクパク食べがちだが、それが結果的にプリン体を多く摂ってしまう原因になっているのかもしれない。適度な食事と適度な飲酒を心がけて、健康的に暮らしたいところである。

参考リンク:公益財団法人 痛風財団


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング