【衝撃野球動画】レジェンド・シリーズで一打席対決をした清原和博氏がまるで外国人助っ人だと話題

ロケットニュース24 / 2013年9月1日 8時0分

8月30日から9月5日まで、パ・リーグでは「レジェンド・シリーズ2013」が行われている。このイベントでは、63歳の村田兆治氏がマサカリ投法で135キロの豪速球を投げるなど、初日から大いに盛り上がった。

そんななか、西武ドームでは清原和博氏が登場し “一打席勝負” をしたのだが、まるで外国人助っ人のようだったと話題になっている。その様子は、動画「清原和博氏が野田浩司氏と一打席真剣勝負! 2013.08.30 L-Bs」で確認可能だ!

・一打席真剣勝負
さまざまなイベントが組まれている「レジェンド・シリーズ」だが、8月30日の埼玉西武ライオンズ vs オリックス・バッファローズの試合では、清原和博氏 vs 野田浩司氏の一打席対決が行われた。現役時代、アツい勝負を繰り広げてきた2人の対決は、ファンを喜ばせるものとなったぞ。

・清原登場……!?
背番号「3」をつけ、登場する清原氏。解説・松沼氏の「出たぁ〜という感じですね」というコメントからもわかるようにスゴい迫力だ! 観客席からは大歓声で迎えられているが、何かが違うのは気のせいだろうか。そう、現役を退いたとはいえ、身体は大きくなり、そしてなんといっても黒くなっている!

・いよいよ清原 vs 野田が実現! しかし……
2人の対戦成績は72打数25安打、ホームラン3本で打率・347と清原氏が圧倒している。西武時代の応援歌を背にバッターボックスに立つ清原氏と相対する野田氏。その勝負はライト前ヒットで清原氏に軍配が上がった。しかし、どうしても清原氏の身体と色黒さに目がいってしまう。

・この勝負に対するネットユーザーたちの声

「アツい勝負だなおい。」
「野田は野田なのに・・・清原はブーマーになっとる・・・。」
「これがキヨハラ・・・だと?デストラーデじゃないのか?」
「マルティネスに見えたって意見があったけどそれに激しく同意するw」
「中南米あたり出身の助っ人かと思ったよwww」
「いまって清原と松崎しげるてどっちが黒いの?w」
「これはうれしいファンサービス。2人ともやっぱり野球する姿が一番似合うなぁ」

などなど。名選手同士の勝負を楽しんだという声もあったが、なによりも清原氏のこんがり焼けた肌に注目が集まっていた。中南米出身の選手であったり、西武に在籍していたマルティネス選手やデストラーデ選手を連想した人も多かったようだ。

何はともあれ、盛り上がったレジェンド・シリーズ初日。セ・リーグもこういったファンサービスを行ってもいいのではないだろうか。レジェンドたちの姿は、ファンにとって感涙ものであり、名選手であるほど知名度も高く、話題にもなる。こういったイベントは、どんどんやってもらいたいものだ。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング