仕事で創造力を発揮するためのポイント5つ

ロケットニュース24 / 2013年9月3日 6時0分

仕事で創造力を発揮するためのポイント5つ

日々のルーティンワークに追われていると、いざクリエイティビティを発揮しようとしてもうまくいかないもの。あれれ、困ったな……そんな経験ありませんか?

海外サイト「Mashable」で、クリエイティブな思考をするためのポイント5つが紹介されていました。試してみれば、これまでになかった独創的な考え方ができるようになるかも?

ポイント1:静かなオフィスを捨てよ

米イリノイ大学の研究者らによると、適度なノイズは思考の創造性を高めるのに役立つとのこと。ノイズが高音であるか、低音であるかは問題ではなく、ラジオやテレビの音、掃除機をかけている音などが望ましいそうです。静かなオフィスではなく、公園のベンチやカフェで仕事をしてみるといいかもしれません。

ポイント2:自分を批判しないこと

これまでにない何かを生み出すとき、「これでいいのかな?」や「あんまりよくないかも……」と自分を疑ったり、批判したりしてしまいがちです。これが、あなたのクリエイティブな思考のさまたげになります。心の中のネガティブな声に耳を傾けず、失敗を恐れずに思考しましょう。

ポイント3:作業環境の見直しをせよ

適度なノイズが創造性を刺激するとはいえ、公園のベンチやカフェで仕事をするのが難しいという人もいるでしょう。その場合は、自分のワークスペースを見直してみましょう。例えば、モーツァルトのソナタなど、クラシック音楽が創造力によい影響を与えることが研究で分かっています。また、色にこだわるのもひとつ。青は創造性を高め、赤は仕事の能率アップに役立つ色だそうです。

ポイント4:創造のための時間をつくる

たとえ10~20分程度だとしても、自由に思考する時間を持つことが大切です。その他の業務が山積しているかもしれませんが、創造のための時間をつくりましょう。

ポイント5:何か新しことをしてみる

どこに素晴らしいアイデアが転がっているか、いつインスピレーションが湧くか分かりません。いつもとは違う仲間の集まりに参加してみる、いつもとは違う人とランチに行ってみるなど、何か新しいことをしてみましょう。自由に考え、自由に感じることが大切です。

寄稿:Pouch
参照元:Mashable(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング