北海道だけでしか販売されていない乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」を飲んでみよう!

ロケットニュース24 / 2013年9月5日 15時0分

北海道だけでしか販売されていない乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」を飲んでみよう!

北海道出身者であれば、「カツゲン」が何なのか知っているだろう。これは北海道だけでしか販売していない、乳酸菌飲料である。

・北海道のご当地乳酸菌飲料「カツゲン」
もしかしたら、他県でも売っていると思っている北海道民もいるかもしれない。しかし、他県では売ってないぞ! 最近人生で初めて北海道の地を踏んだ記者(私)は、「なんぞコレ?」と思った次第である。石垣島には「ゲンキクール」というご当地乳酸菌飲料があったのだが、「カツゲン」はどんな味がするのかな? 飲んでみよう~!

・元は兵士の栄養補給用だった
この飲み物は、昭和初期に北海道製酪販売組合連合会(現、雪印メグミルク)が帝国陸軍に依頼を受けて、製造したものである。もともとは「活素(かつもと)」という名前で兵士の栄養補給用に製造されていたという。それが1956年に「活源(かつげん)」に名称変更され一般に販売開始。翌1957年にカタカナで「カツゲン」に改名され、現在は「ソフトカツゲン」という名前で販売されている。

・本州で販売された実績もある
実は本州でも販売していた実績があるらしい。しかしあまり浸透せずに早々と撤退してしまったのだとか。その結果、現在のように北海道だけで販売される状況にいたったようだ。

・愛されて半世紀
パッケージは北海道のさわやかな青空を象徴するような、青色が基調になっている。表面には「ありがとう、北海道で愛されて半世紀」と書かれている。他県ではあまり知られていないのだが、50年以上も地域で親しまれている歴史ある飲み物だ。

・濃い味
味の方は口当たりがやや甘いのだが、後味はさわやか。飲むヨーグルトを液状にした感じだろうか。牛乳に甘さと少しの酸味を加えたような味わいである。他の乳酸菌飲料に比べて、若干味が濃いように思われる。この濃さが、本州では受け入れられなかったかもしれない。

とにかく他県では購入することのできない飲み物だ。北海道に足を運ぶ際はぜひ、挑戦してみてほしい。北海道民の元気の源はカツゲンにありだッ!!

Report:ほぼ津田さん(佐藤)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング