【みんな知ってるあたりまえ知識】漫画『AKIRA』は30年前に「2020年東京オリンピック開催」を予言していた

ロケットニュース24 / 2013年9月9日 21時0分

【みんな知ってるあたりまえ知識】漫画『AKIRA』は30年前に「2020年東京オリンピック開催」を予言していた

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「漫画『AKIRA』は2020年東京オリンピック開催を予言していた」という知識です。そうです、『AKIRA』の作者である “世界の大友” こと漫画家・大友克洋先生は予言者だったのです。

『AKIRA』の舞台は2019年の東京(ネオ東京)。翌年2020年には、東京オリンピックが開催される予定でして、その描写は漫画中にも、映画版にも、バッチリとセリフ付きで描かれています。

念のため、AKIRA公式サイトに掲載されているストーリーの一部を引用してみましょう。

「1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発した。 そして31年—東京湾上に構築されたメガロポリス=ネオ東京は、翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。」(引用ここまで)

どうでしょう?

なお、映画版『AKIRA』の予告映像でも、映像開始3秒後には、黒バックの白文字で「2019年 オリンピックを翌年に控えたネオ東京」との文字が表示されます。今から30年も前の1982年の時点で、すでに「2020年東京オリンピック開催」を予言していた大友先生……さすがです。さすがは “世界の大友” こと、大友克洋大先生です。

参照元:AKIRA公式サイト
執筆:GO羽鳥


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング