イタリアといえばピッツァ! ということでイタリアの寿司屋に行ってみた

ロケットニュース24 / 2013年9月28日 11時0分

イタリアといえばピッツァ! ということでイタリアの寿司屋に行ってみた

イタリアは美食の国。代表的な料理にピッツァやパスタがあるが、北部と南部ではレシピが違い、その地方によって使われる食材も違う。まさにグルメ王国ともいえるイタリアだが、和食の美味しい店も多数存在するという。ということで、イタリアの寿司屋に行ってみた。

・とりあえずイタリアンビールと寿司
今回やってきたのはローマの寿司屋『六本木』(Ristorante Giapponese Roppongi)。スタッフのメインは日本人ではなく韓国人やイタリア人で、内装は和風というより中華風。とりあえずイタリアンビールと寿司、そして味噌汁を注文した。

・ややシャリが多すぎる
目の前に出された味噌汁は大きめの食器に入っており、飲みにくいのでレンゲですくう。味は合格レベルで、ピッツァやパスタばかりだったので胃袋が癒やされる。そしてメイン料理の寿司だが、ややシャリが多すぎるものの、とりあえず見た目は合格点といえよう。

・日本のイマイチな回転寿司屋よりも美味
その味だが……。おおっ!! これはっ! 酢飯に酢が足りない気がしたが、かたさ、水分、ネタの鮮度、そこそこ満足のいくデキだった。日本のイマイチな回転寿司屋よりも美味しく、それは職人の腕というよりもネタの鮮度が良いからかもしれない。

・寿司とイタリアンビールの相性GOOD
イタリア料理ばかり食べて和食が恋しくなった日本人にとって、満足のいく寿司屋といえるかもしれない。しかし、和食にうるさい日本人が食べたなら、シャリに関して不満が残るかもしれない。ちなみに、寿司とイタリアンビールの相性が良くて驚いた。

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング